仮面ライダー555 「第5話」

今回のキモは「喫茶ラドリオ」だっ。
まだまだメインキャストは揃ってなかったのなー。てっきり5人でおしまいかと思ったのに。
オルフェノクにも教育係がいると。オルフェノクになったばかりだと、右も左もわからないからね。そんなわけで影丸さん。この人も東映メタルヒーローとウルトラシリーズ、そして仮面ライダーとジャンルでは広い活躍してますな。しかもだいぶ渋い役どころが似合いようになって。今回の戸田もいい感じ。オルフェノクとしての自分を受け入れながらも、クールに押さえてる。いままででてきたオルフェノクはなんというかグロンギみたいに殺人を楽しむという印象だったんだけど、この人は自制ができるみたいで。人間とオルフェノクの戦いに勝利するため、オルフェノクを増やすという目的のために、殺人を淡々と行なうと。なるほどね。オルフェノクのやってることが、ちょっとだけわかってきました。SMART BRAIN との関係はまだわからんケド。ところで“オリジナル”が誕生すると、SMART BRAIN にはわかるのかな…勇治のときも結花の時もねぇ。で、最後のレギュラーとなる人物が、スクィッドオルフェノクの犠牲になるわけだ。
さて、真理の父親がSMART BRAIN の社長だったのね。この社長が謎の人物である。オートバジンと変身ベルトを真理に送ったかと思えば、一方スマートレディに指示してオルフェノクを操ってるわけで。この辺の謎が大きなポイントか?巧がファイズに変身できるのも大きな謎で。今のところ、巧以外でファイズに変身できたのは、例のウルトラセブン、じゃなくてサボテンくんだけ。つまり、オルフェノクと同等の力がある、もしくは巧もオルフェノク?
そんな巧も実は自分に自信のない人間で、それが彼の人と距離をとりたがるという態度に出ていたと。だんだんと巧が変わっていくというドラマなのかね、これも。最初から出来上がってるキャラじゃなくて、成長していくというパターンね。そんな巧が自信を持てるのが、ファイズに変身している時だけなのかもしれん。そういうことなのかなぁ、なんて思ってみたり。あのファイズのファイティングシーンでの手の動きが、かっちょいいのぉ。しかし、変身アイテムを届けさせるヒーローって…(笑)
で、巧がバイトしてた喫茶店ラドリオ。神保町。たまにランチ喰いに行くところだよ。ちとビックリ。