トクサツ

トランスフォーマーシリーズの始まりを描く作品です。なんというか、ETとかアイアンジャイアントとか、あるいは妖怪大戦争とか。そういう主人公と異物が出会って仲良くなって、騒動があって、最後に別れがあって、それを乗り越えた主人公が成長するというパターン。ただ、主人公が少女であるというところがいいよね。どうしても少年が主人公になりがちだもの。
 主人公のチャーリーがなかなか魅力的です。父親を亡くし新しい父親になれず家族の中で居どころのないメカ好きの少女。この子が出会うのが黄色いビートルに擬態し、メモリーを失ったB-127=バンブルビー。まぁ、可愛いですよ、バンブルビー。あざといくらいに可愛く描いてる。
 もちろん、その前にディセプティコンとの激しい戦いがあり、戦士としてのB-127も描かれているだけに、そのギャップも好ましいね。そうそう、なんでバンブルビーがしゃべれずにラジオを使うのかもちゃんと描かれてましたな。
 人間に追われ、ディセプティコンにも追われ、チャーリーとバンブルビーの逃避行。それを助けてくれるボーイフレンド(候補?)や家族もお約束とはいえいいじゃないですか。
 最後の最後でカマロに擬態しちゃうのも笑う。そりゃチャーリーだって、だったら最初からこっちでってなりますよな(笑)。そして、コンボイいやおぷてぃますと並走するシーンは胸熱でございました。
 安心して観られるファミリー映画ですな。この後のオートボット達の戦いを思うときゅっとなりますけれどね。

https://filmarks.com/movies/74485/reviews/64691392

トクサツ

 「アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー」がああいう終わり方で、否が応でも「アベンジャーズ/エンドゲーム」への期待が高まるわけですが、そこへの布石としてまず「アントマン&ワスプ」で、その頃スコットは…という話があったわけですが…。ついに大本命の「キャプテンマーベル」が登場!「インフィニティウォー」のポスト・クレジット・シーンでヒルとフューリーも消えるわけだが、その消える直前にフューリーがポケベルらしきデバイスで連絡を取ろうとしていた相手、そのディスプレイに表示されていたのがキャプテンマーベルだったと。もうね、期待させるだけさせてのキャプテンマーベル登場篇ですよ。
 で、これは遡ってキャプテンマーベルの誕生談。クリー人の「ヴァース」が失われた記憶を求める物語。本来の地球人であるキャロル・ダンヴァースを取戻し、真に正しいのは何なのかに目覚める話ですね。正しいと思っていたことが実はそうではないという、ある意味どんでん返しのストーリーはとても面白かったし、謎解きの過程も楽しめました。
 何よりキャロルという転んでも常に立ち上がる精神を持った強い女性に惹かれてしまいますね。迷いがないいキャラクター。そしてそこに絡むのが若き日のフューリー。このふたりのバディ間もいい感じです。フューリーは現在よりも軽い感じでいいし、そしてそして新人としてコールソンまでも登場!!もうね、MCUファンにはたまらない布陣です。
 後ね、特筆すべきは“ネコ”のグースですよ。このグースがこんなにもキーキャラクターになってるとは思わんかった。ある意味最強のネコ映画と言ってもいいかも。
 さて、キャプテンマーベルの力の源は、あの四次元キューブ=“スペース・ストーン”なんですな。かつてレッドスカルが所有しキャップが命を懸けて倒した。その後ハワード・スタークが回収してS.H.I.E.L.D.が保有していたものだけど、どうやらローソン博士に貸し出されていたらしいですね。この後、ロキに…とか、さらにはサノスとか、MCUの中心になる小道具。これがポスト・クレジット・シーンその2で思わぬオチになって、楽しいですな。
 その四次元キューブの力を得てるキャプテンマーベルったらもうそりゃ強い強い。まさに無双状態。こりゃ最強のヒーローと言えるかも。MCUの隠し玉ですよ。まるほど、この力があれば、サノスに対抗できるのかも…。
 そしてそして、ポスト・クレジット・シーン。話は現代の全宇宙の生命がの半分が消滅した世界、キャップとブラックウィドウの前に現れるのが…。「フューリーはどこ?」ここで、もうね、痺れまくりましたよ。キターーーーーーって感じ。まさにエンドゲームの始まりです。

https://filmarks.com/movies/60412/reviews/64691371

トクサツ

アカデミー賞長編アニメーション賞受賞!ということで、期待はMAXだったけど、うん、これは確かに良い作品。スパイダーマンというモチーフを使っているけれど、基本的に少年が自立する話。つうか、スパイダーマンってそういう話だからなぁ。観客はス ...

トクサツ

原作である「銃夢」は読んだことがなく、全くの白紙状態で鑑賞。劇場での予告などで、眼の大きいアリータの姿を見ると、何となく違和感を覚えていて、若干のネガティブ感を持って劇場に言った次第ではありましたが…さすがキャメロン傘下の製作陣つうこ ...

ツレヅレ

もう8年経ちました。

あの日に、大事な人を失ったり、大切なものが無くしてしまった方々、大変なことでした。そして、いまだに多くの方々が不自由な暮らしをされています。

私にできるのはちょっとした募金と鎮魂のために祈 ...

トクサツ

終わりましたねぇ。製作発表時点で、面白いことするなーって思ってて。けど、当然最終クールくらいで合流して7人で戦うんでしょと思ってたんですけどね。でも、最後までVSを貫きましたな。Xがうまいこと機能したのが、このVS立ち位置を継続できた ...

トクサツ

前評判高かったし、「ジャスティス・リーグ」での活躍もなかなか良かったので、期待して観に行ったわけですけれど…その期待は外れることなかったねぇ。
DCコミックスのヒーロー映画はバットマンに代表されるようなダークなトーンというイメ ...

ツレヅレ, バイク

先日仮設置したバイク用ドライブレコーダー、今日RAMマウントでカメラ及び本体を本設置しました。

実は先日の仮設置、とんでもないチョンボがありまして…。動画をYoutubeに上げていたのですが、カメラ部分の保護シールを剥がし ...

ツレヅレ, バイク

昨日取り付けたバイク用ドライブレコーダーDV688のテストを兼ねて、いつものお散歩コースを走ってみた。

フロントカメラは手持ちのパーツで仮固定なので、ちょいとぶれます。が、まぁまぁ、こんな感じなら及第点かな、ドラレコとして ...

ツレヅレ, トクサツ

蒲田の日本電子工学院で開催中の「特撮のDNA」展、行ってきました。東宝特撮の貴重なプロップが多数展示されていて、そりゃもう夢のようなひとときを過ごせます。
なんと素晴らしいことに、写真撮影OK(フラッシュ、動画はNG)というこ ...