s2017a.jpg

眼鏡

| コメント(0) | トラックバック(0)
眼鏡を新調しました。

20歳の頃からずっとコンタクトレンズなのですが、最近はやはり目が疲れるのと老眼が進んでしまいちょっと不便だったりするので、久しぶりに眼鏡を新調しました。

s20161019_200819.jpg

眼鏡市場のZEROGRAというモデルなんですけど、まぁ軽くて吃驚しますよ。V6の岡田君がCMやってるやつですね。これならかけてる感も少なく良いんじゃないかなと。
欠点は蔓がたためないのでケースが大きいと言うことですねぇ。まぁ仕方ないか。

基本的には仕事は眼鏡、週末はコンタクトかな。少なくともバイクはコンタクトの方が楽ですし。あ、ライブ行くときもコンタクトかなぁ。

つうことで、次にお会いするときは眼鏡のMAXになっている予定です。

1年...

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は虎千代、そして明後日は桜子の命日。もうあれから1年経ってしまいました。

s20161004_214601.jpg

何度も書いているが虎千代も桜子も本当に良い子達で。仲の良いきょうだい猫でした。
10年前に縁あってウチにやってきて、そして小菊も含め3匹で仲良く暮らして。
彼等にもらった癒やしは、もう何ものにも代えがたい素晴らしい経験でありました。

虎千代は本当に男の子で。がさつで、あまんぼうで、いたずら好きで。
明るくムードメーカーでありました。

桜子は本当に女の子で。美人で、優しくて、気も強くて。
素敵な猫でありました。

彼等が来たときの健康診断で、猫エイズのキャリアだということがわかりました。
長くて5年位一緒にいられるのかな、そんな風に当時は考えていました。
それが9年もの間、一緒に暮らせるなんて。

癌で伏せっていた桜子を思いやってか、その直前に先に旅立った虎千代。
きっと虹の橋の向こうで、きょうだいで変わらず仲良くしていることでしょう。

いつか会えると思うと、その時が楽しみです。
もちろん、それはまだまだ先のことですが。

今は、小菊が大いなる癒やしとなっています。
いつまでも元気でいられるよう、一緒に暮らせるよう。
虎千代と桜子がきっと見守ってくれてますよね。

sIMG_4948.jpg
先日、牡蠣飯を家で作って食べました。あ、まぁ作ったのはカミさんなのですけど。

sIMG_20160904_175424.jpg
さて、この牡蠣なのですが、田代島から送られてきたものなんです。
こうやって、潮煮として冷凍で送られてきました。パッケージも猫ですね。

sIMG_20160819_201455.jpg
そう、田代島は猫の島。
そもそも田代島に興味を持って行ってみたいと思ったのは7、8年前でしょうか。バイクツーリングで石巻まで行って、などと計画を練っていたのが2011年だったのです。しかしながら、東日本大震災が発生。一旦は田代島行きを断念せざるを得なくなりました。
不幸中の幸いとして猫たちは多くが高台に逃げて無事だったということです。しかしなから田代島の港は壊滅的な被害を受け、牡蠣の養殖が出来ない状態となりました。そんな田代島の状況に少しでも役に立ちたいと、「田代島にゃんこ共和国」基金に少額ではありますが寄付をしました。震災後基金が立ち上がってすぐだったと思います。
そして、5年が経ち、田代島では昨年から牡蠣が徐々に獲れるようになってきたということで、その御礼として送られてきたのがこの潮煮なのです。なんとも律儀なこと、逆にありがたいことで、涙が出る想いです。

sIMG_20160819_201700.jpg
2012年の春には、このようなにゃんこ共和国の国民証とグッズも送られてきてます。

sIMG_20160819_205129.jpg

14/5/17-5/21岩手~宮城ソロツーリング その3 田代島篇 - MAXのおもちゃ箱
猫の島として有名な田代島。島民よりも猫の数の方が多いということです。昔からの言い伝えで、猫が大事にされている島なのです。ここにずっと以前から行ってみたかったのです。
実は2011年に行くつもりで、色々と計画していていました。しかしながら、あの震災の津波の被害でそれは叶わず...。計画は延期を余儀なくされました。その間「田代島にゃんこ共和国」の国民になったりして、出来る範囲で支援したりしていました。そして、ついに念願叶って、島行きなのです。


ねこ太郎... - MAXのおもちゃ箱
とても残念な知らせが飛び込んできました。

宮城県の猫島として知られる田代島のアイドル的存在であったねこ太郎が、3月8日に永眠したそうです。推定9歳とのこと。野良猫としては長生きでした。

この田代島とはなんとなく縁を感じています。今は牡蠣を出荷できるところまで復興し、または観光センター的な「島の駅」の建築も進んでいるということです。ぜひともまた時間を作って、さらに変わりゆく田代島に足を運び、その状況を自分の目で確かめたい。そしてそこに住む猫たちと遊びたいと考えています。
できれば数年以内に。

それまで待っててね。田代島の猫たち。

9.11

| コメント(0) | トラックバック(0)
9.11は、かつて海の向こうで多くの命が無慈悲に失われた日。痛ましい出来事でした。
あれから世界の有り様は少し変わったように思えます。
これ以上無益な争いが起こらないことを切に願います。



そして、今日で私は54歳を迎えることとなりました。
まぁ何か変わったと言うことは無いのですけれど。
社会人人生としては最終コーナーにさしかからんというところでしょうかね。

昨日、福岡出張の翌日はプライベートな時間を作って太宰府天満宮に行ってきました。
そこで引いたおみくじは「大吉」ではありましたが、
「チャンス到来の運気です。この気を生かすためには、それだけ弛まぬ努力と実績が必要となります・・・」と、
記されていました。

まだまだ頑張って、仕事もプライベートも充実させていきたいと思ってます。

あ、妻からの誕生日プレゼントは、またもバッグでした。

sIMG_20160911_175811.jpg

今朝、こんな夢を見た。

なぜかファン代表として、何かのキャンペーンにでも当選したのだろうか、Perfumeのメンバーと何日間か一緒に過ごすことになっていたらしい。

実際にあの3人と一緒に暮らしている。朝起きると彼女たちもそれぞれ起きてきて朝ご飯、なぜか卵かけご飯を3人と一緒に食べる。あ~ちゃんはそれはもう甲斐甲斐しく面倒見てくれて。で、のっちはご飯こぼしたりして笑われたり。
3人が仕事に行く時も一緒に付いていって、見学したり。スタッフにもいいですねーなんて羨ましがられたり。

そして、3人と一緒にたくさんの猫たちも一緒に暮らしている。猫は皆彼女たちにも私に懐いていて。

とにかくとにかく楽しく一緒に暮らしているのだ。

目が覚めた後も、しばらくこの多幸感が続いていた。こんなに楽しい夢を見たのは久しぶりだ。


昨日は奇しくも、チョコの命日。チョコがこんな素敵な夢を見せてくれたのかな。
最近続けて読んだHAYAKAWA×TSUBURAYAシリーズ3冊。ウルトラマン放送開始50年企画ですね。第一線のSF作家がウルトラマンをモチーフに小説にするというもの。SFマガジンに掲載されたものの単行本化で、それぞれとても面白くあっという間に読めてしまいました。


IMG_20160718_184828.jpg

まずは「多々良島ふたたび」。これはウルトラマン世界の外伝アンソソジー。その後、や、合間にこんなことが起こっていたかと思わせるような、にやりとするエピソードたち。「ウルトラマンデュアル」は、ウルトラマンという概念だけを使った全く別の世界の物語。異星人に侵略された世界で、全てを捨ててウルトラマン化して戦う人々の話。なるほど、こういう展開もあったか。
ウルトラマンのその後の世界で展開する物語が、「ウルトラマンF」。その後の科特隊のメンバーが登場。その後のハヤタ、そしてフジ隊員に起こる異変。FはFemaleのFでもある。
いやぁ、こういう展開は面白い。このシリーズ続けて欲しいものですね。
昨日は週発売されたドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume」ブルーレイの鑑賞会に行ってきました。Perfume仲間10余名が集まり、代々木上原にあるレンタルオーディオルームを借りて、皆でこの作品を観ようという趣向です。

まずは鑑賞会前に代々木上原に集まって軽く食事。いい感じにお腹も満たされたら、いざ鑑賞会にGOです。

この「Audio Garage Onpa」は個人で持っているオーディオルームを時間単位でレンタルしてくれるというシステム。リンク先を観ていただければわかると思いますが、オーディオマニアならぐっとくる設備ですよね、きっと。MAXはあまり詳しくないのでわからないんですが。それにプロジェクターのスクリーンも大きいので、画面に映るPerfumeのメンバーがほぼ等身大というねw。

sIMG_20160710_180918.jpg
とにかく映画館に匹敵する素晴らしい環境でした。そんな素晴らしいを、カーペットやソファで思い思いの格好で堪能できちゃんです。いやー、楽しかった。

しかしね、ウチも一応5.1chサラウンドシステムだし、プロジェクターもあるけど、もうね、全然違う!全然違いますよ。つうか、購入したブルーレイソフトのポテンシャルを全然引き出せてないなぁと、痛感いたしました。

ここは本当にいいです。音楽鑑賞、映画鑑賞どちらでもまた使いたいです。企画していただいたKさん、ありがとうございました!!

もう20年経ってしまいましたか。戦隊シリーズの傑作、激走戦隊カーレンジャーは1996年に放送が開始された作品。戦隊モノとしては異色な、シュールな作品でした。今日はこの作品が縁で知り合った友人達3名と久々に会って、20周年のカーレン鑑賞会を行いました。

sIMG_20160709_151213.jpg

銀座のカラオケ屋さんのDVD鑑賞パックで3時間。全48話の中からこれはと思うものを皆でわいわいいいながら観るというね、ただそれだけなんだけどこれがもう楽しくて。3時間あっという間。まだまだ観たりないですよ、ホントに。

それだけこのカーレンという作品が良かったということもあるし、皆で観るというシチュエーションがさらに盛り上げてくれてね。またやりたいなって思いましたです。

その後は近所の中華料理に席を移して、互いの近況報告やら、最近ハマっているものの話だったり、やはり特撮の話題中心ですがこちらも気がつくと数時間。遠方から来ている方の新幹線の時間もあり、お開きとなりました。

しかしね、20年来のつき合いではありますが、近年は直接顔を合わせることはあまりなく、主にSNS上でのやり取りが中心。なのですが、なんか違和感なくしゃべりまくってしまった。特撮の濃い話が久々に出来たのが嬉しかった所為かな。

sIMG_20160709_222430.jpg

お土産ももらっちゃっいました。ホント、最高に楽しかった。またやりましょう。
先月末のツーリングで、ナンバープレートが取れてしまった愛車ナイトロッドスペシャル。その後色々とイベント事が続いてなかなか触れなかったんですが、復活の準備は着々と進めておりまして。

で、今日は久々にナイトロッドスペシャルを弄っておりました。

先日届いたクロアチアからの荷物、これが新たなサイドナンバープレートサポートなのでした。V-ROD仲間のひとりがここでオーダーしたものをつけていたんですね。それが良かったので、オーダーしてみました。もちろんナンバーはホリゾンタルスタイルです。日本円で約36,000円。結構安い。

注文してから約1ヶ月ほどで手元に届きました。早速荷ほどきしてみますと...何か違和感...。あれ、ナンバープレート取付用のボルト穴が空いてないじゃん。その代わりに四隅に謎のM4のネジ穴が切ってある。どこの国のナンバーやねん!と突っ込みを入れたくなるわけですが、プロダクツとしてのクオリティはとても高いです。

さて致し方なく電動ドリルで穴開け。まぁアルミなので5mmと肉厚ではありますが、容易に穴は空きますね。さくっと加工作業完了です。

リアサスの下側のボルトを外し、キットに着いてきたボルトでサポートを固定。あら、いい具合になりましたよ。あとはLEDナンバー灯の配線をして完成。

sIMG_20160626_164324.jpg

どうですか、いい感じでしょ。
さりげなくミラーも交換して、復活いたしました、ナイトロッドスペシャル。
梅雨でまだ雨が多い日々ですが、明けたらバッチリ走りに行けますよ。皆さんのお誘いお待ちしてますw
前篇はこちらです。
さてさて、お楽しみはまだ続きます。

【6月18日(土)】

幕張メッセ2日目!
この日は幕張メッセに14時頃着。すでにおなじみの方々の何人かは来ていますねぇ。さすがです。少しホール内などうろうろとしてからまたもFBのPefumeクラスタの会の記念撮影に参加。14時40分と16時の2回とも参加しました。

この日はスタンディング。Dブロックの3000番台というまぁ後ろのブロックの後ろよりな感じでしたので、特に焦らずに開演直前に入ればいいやと、エンタランス付近で皆さんとダラダラと過ごしておりました。前の方が狙えるなら早めに行って呼び出しを待つわけですが、ゆったりと見られればいいかなーと。で、また記念撮影なんかしたりしてね。

s13479451_691983357608795_635523099_n.jpg

あ、そうそう、テレビ朝日の小松アナが来てましたね。この人はPerfume好きを公言してて有名なんですよね。一緒にいた方が顔見知りで声を小松アナの方からかけてきて、彼を真ん中に待たしても記念撮影。なかなか貴重な写真でした。

入場してみると、それほどブロックの後ろの方というわけではなく、真ん中あたり。ステージはスタンド席よりはかなり近く、生の3人もなんとか前の人の顔の間から見られますという感じです。さすがにスタンド席よりは熱量は高く、かなり周りも盛り上がっておりました。まぁ、ライブ始まっちゃえば身体は勝手に動いていくんだけどね。

さて、この日は総勢20名ほどの人数多めのオフ会が予定されておりまして。不肖私が幹事ということで店のセッティングをいたしました。やっぱり千葉県の幕張でのライブ、千葉県在住の自分がホスト役をやらなければと言う思いがあったんです。事前に店を色々と調べて、ここは良さそうと言うところを探して、予約しまして。ライブ終了後に皆で集合してお店まで先導しました。行ったのは海浜幕張駅前の忠助という魚の美味しいお店です。

結果的には皆さんにだいぶ満足いただけたようで。幹事冥利に尽きます。海外からのファンにも好評でよかったです。いや、このオフ会は本当に楽しかった。絶えず笑い声の絶えないオフ会で、また熱くPerfume愛を語り合うことが出来たのです。ホントにうまいこといってよかったです。

で、この日は終電が早い人から三々五々と流れ解散となりました。日曜日もあるしね。

【6月19日(日)】

さて、幕張メッセ スタンディングエディション最終日です。
昨日よりも早めのスタートなので早めに家で昼食を済ませて家を出たのですが、京葉線がトラブルで運休ということで幕張本郷駅のバス乗り場が見たことがないくらいのヒトであふれかえっておりました。ちょうど駅でHさんと合流できたのでふたりでバスの列に並びますが、結構待ちましたねぇ。1時間以上か。

この日のチケットは、Mさんから譲っていただいたもの。なんとステージ直前のFブロック。それも1700番台というかなり良いポジションが期待できるチケットなのですが、バスの混雑によって入場開始の2時には間に合わず...。しかしながら、Mさんが一人分のスペースを確保してくれておりました。ホントにありがとうございます。会場内に入れたのが2時20分頃でしょうかね。それなのに前から5,6列目くらいの場所に立てました。

ここから開演の4時まで長い時間をこのままで待つというのは結構な苦行です。席があるわけではないスタンディングなので仕方ないのですが、トイレに行きたくなったり、気分が悪くなったりした場合にはその場を離れることになりますよね。この日はMさんと一緒だったので少し離れることが出来ましたが、一人で参加している場合とかは結構厳しい。ひたすら待つというのも厳しいです。

さて、場所が場所だけで、3日目にして最も激しく身体を動かす事になりました。周りがバンバン飛び跳ねるので、結局こちらも動かにゃしゃあないという感じです。53歳には結構来るものがあったけれど、そこはなんとか三姫への愛情が先に立ちまして、乗り切ることが出来ました。ステージの彼女たちの表情まではっきりとわかる距離で、ライブをたっぷりとたん王することが出来ました。まぁ、汗もたくさんかきましたし、腕も散々振り上げましたし。普段の運動不足も多少は解消され、肩こりもどっか行っちゃうくらいの仕上がりとなりました。

s2016-06-19-07-13-53-09.jpg

さて、身体を動かしてすっかりお腹も減りました。最後の夜も行ける方9名で、イオンモールの塚田農場へ。なんかこの日は口数もやや少なく、ひたすら食っておりましたね、最初は。さすがに皆疲れてエネルギー補給が必要だったのでしょう。

sIMG_20160619_212039.jpg

さて、彼女たち、5月の仙台でははっきりとは口にしなかった大きな夢を具体的に公言していました。
ドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume」の中の大里会長とのやり取りにあったように、NYのMSG2日間公演。これを2年以内に実現すること。これが目下の彼女達の夢です。あ、夢じゃないな、実現が決して不可能ではない「目標」です。実現したら日本人初ということになるわけです。口にこうやって出すことで、後戻りが出来ないように自らを追い込み、そして我々ファンに応援を求める。はい、もちろん、出来ることは何でもやりますよ!

そして、そのMSG行けるかどうかの試金石になるのが、夏の北米ツアーですね。私はさすがに行けませんが、ここで何らかの結果を出すことが、MSGへの道に繋がるのでしょう。
来年、もしくは再来年かな、そのMSG公演には是非とも行きたいものです。Perfumeもアラサーだなぁ、その頃は...。

そしてそして、16日のライブ後にスクリーンで発表された追加公演。秋の大阪、名古屋、福岡でのドームエディション公演。これもどこかは行きますよ!またも遠征します!

COSMIC EXPLORERツアーはまだ和歌山、札幌、そして北米を残していますが、私にとってのツアー参加はここで一旦終了です。今回も素晴らしいライブでした。兎に角言えるのは、Pefumeのライブは常に最新のものが最も素晴らしいと言うことです。


今回は木曜日から日曜日まで怒濤の4日間。常にPerfume仲間と一緒にいた気がします。ライブの楽しさ、素晴らしさはもちろんですが、こうやってPerfume仲間と一緒に過ごす時間もものすごく楽しくて。これもライブとセットで、濃密な時間を過ごせたなと思っております。また、土曜日のオフ会では皆さんが喜んでくれたことが、幹事としては非常に嬉しくて嬉しくて。海の向こうから来てくれた仲間も楽しんでくれて。全くもって幸せでありました。

こんな素晴らしい時をまた、次のライブで過ごせますように。
では、次はドームで会いましょう!!!



先週後半は怒濤のPerfume weekでした。
Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」スタンディングエディション@幕張メッセ国際展示場が6月16日(木)、18日(土)、19日(日)の3日間開催。3日間とも行ってきました。

このツアーは全国7カ所15公演で行われます。最初の開催である仙台2Daysは先にブログで書いた通り既に5月のGWに参戦済み。それ以来のライブ参戦になります。

今回の幕張メッセは特別にスタンディングエディションということで、指定された席がなくブロック指定。フェス形式ですね。で、幕張のフロアを使って踊りまくろうという趣向、Perfumeメンバーのたっての願いでこのようになったとのことです。とは言え一部スタンド席も設けられており、16日はスタンド、17,18日はスタンディングでの参加となりました。スタンディングは体力的な不安もあったのですけどね..。

【6月16日(木)】

この日は有給休暇をいただき、朝から万全の体制で臨みます。

幕張には家から電車バスを乗り継いで40分ほどで着きますので、ゆるゆると出発。早めに会場についたので、仙台で買い損ねたグッズ、トートバッグを購入。で、持って行ったぐるんぐるんトートバッグと中身を入れ舞えます。トートバッグはだいぶ進化してますねぇ。かなりよい出来かと。

s2016-06-16-02-49-26-22.jpg

FacebookのPerfumeクラスタの会のおなじみイベントである集合写真撮影に参加し、まだ来ない友人達を待ちます。この日はスタンド席なのでギリギリに入れば大丈夫なのです。

無事に友人達も到着し、またまた皆で写真を撮ってからついに入場。

s13434689_691187371021727_835112633330121199_n.jpg

スタンド席はやはりステージからは遠いです。まぁ仕方ない。まず箱のスタンド席で様子見という目論見なので。ステージ全体はよく見えるのですがいかんせん遠いので臨場感みたいなものは薄いですね。内容は既に仙台で経験済みなので、よくわかってはいるんですが。初めて来た人はスタンドだとちょっとわかりにくいかな...。

ライブ内容はツアーが終わるまでのヒミツということで書けません。この日はテレビカメラが入っていないということで、いつものPTAのコーナーでは千葉にある某アミューズメント施設のキャラクターをネタにして遊びました。

夜は有志4名で、海浜幕張駅前のパブで軽く飲みます。時間が遅かったので長くはいられなかったのですが、危うく電車を逃すくらい熱く語り合いました。ま、私は結局面倒くさくなってタクシーに乗ってしまったのですが...。

【6月17日(金)】

この日は大阪から来ていたUさん、長野のKさん妻と仕事を抜け出して銀座でランチ。Uさん、Kさんとは前の晩も一緒だったのですけどね...。私が良く行っている銀座の寓でローストビーフ丼をいただきました。そこでKさん夫妻とは別れます。そしてUさんと場所を移し、隠れ家カフェでまた熱く語りあったのでした。

夜はFBパフュクラ同士と幕張ライブ中日オフ会ということで、Iさんが取ってくださった渋谷の鳥竹で宴会。このお店ずっと気になっていたのです。マークシティとか仕事で行くと目立つでしょ。そして、いただいた鳥料理と鰻、これがまたどれを食べても旨いという幸せな時間でした。しかもPerfume談義を交わしながらの宴会、最高です。私はここで帰りますが、有志はさらに新宿で二次会に繰り出したとのことでした...。

sIMG_20160617_202620.jpg

後半に続きます。

さて、もう一週間以上前のことになってしまいましたが、6月4日(土)は、母校、平塚江南高校の同窓会でした。

久々に夫婦で平塚に行くので、同窓会の前に寄り道。
少し実家に顔を出したのちに、八重咲町にオープンしたカフェ、「HOBO Record CAFE」に行ってきました。

「HOBO Record CAFE」は新築のテラスハウス「OTOHAKO八重咲」の一階にあるカフェです。実はこの「OTOHAKO八重咲」と「HOBO Record CAFE」のオーナーが、以前いた会社で大変お世話になった先輩である家永さん。ご実家があった場所に賃貸のテラスハウスに建てられて、その一角でカフェを営むという、理想的なライフスタイルを実現されています。「OTOHAKO八重咲」も防音にこだわったテラスハウスですし、お邪魔した「HOBO Record CAFE」もその名にもある通り3,000枚のレコードがあって、ゴキゲンな音楽を聞かせてくれるカフェなのです。素敵な音楽とコーヒー。そしてチリドッグがまた旨かった!お近くの人は一度行ってみてください。素敵な空間です。

IMG_20160604_163906.jpg
その後は、すぐ近くの神奈中グランドホテルにて平塚江南高校33回生同窓会に出席。数百名いたのかな?かなり多くの出席者で会場はにぎわっておりました。

5年ぶりの同窓会、卒業後35年ということで、実際に会うのは久しぶりという奴らがほとんど。ただ、今回ちょっと違うなぁと思ったのは、Facebookで繋がって普段からその動向を知っている人間がいるので、あまりブランクを感じなかったり。

そうそう、今回も同窓会は夫婦で出席です。カミさんと私は高校の同級生なので。同じ学年夫婦は三組出席してました。結構多いよね、同じ学年で三組いるって。

顔を合わせるのは久々ながら、こうやって会うと時間はすぐに35年前に戻ってしまいます。もちろん、老けたり、太ったり、髪の毛がなくなったり、外見は大きく変わってますけどね(笑)。

あっという間に時は過ぎ、旧友たちとの再会を誓って、夫婦で会場を後にしました。

クラス単位で記念写真。前列は当時の恩師です。

IMG_4082_xlarge.jpg

しかしね、35年の間にそれぞれの人生を歩んできながらも、こうやってまた会ってバカ話ができるというのは、本当に幸福な事です...。末永くつきあってきたい仲間たちですね。

5月28日~29日は、Team G Force恒例、春の合宿に参加しました。合宿というか、年に2回のお泊りツーリングなのですけれど。で、今回の目的地は、定番のしらびそ高原。昨年は参加できなかったので、自分にとっては久々のしらびそ行きとなりました。

集合は、東名海老名SAです。集合時刻は朝7時。

sIMG_20160528_062004.jpg
総勢10台で東名をぐっと西に走り、新庄ICでおりて北に行きます。茶臼山まで順調に、例によってくねくね道をひた走り、昼飯。茶臼山のレストハウスで焼き肉丼ね。ここは芝桜が旬ということで結構にぎわっておりました。

昼飯の焼肉丼。ジビエな焼肉丼でした。

sIMG_20160528_124103.jpg

そこからしらびそ方面を目指すのですが、なぜか結構な迷走ルート。走行予定だった舗装林道が通行止めなどというアクシデントもあり、来た道をずっと逆戻りしたりして。結局いつもの152号まで出て、順当にしらびそを目指すのです。途中のスーパーで買い出しをして、お山に登ります。

無事にハイランドしらびそに到着した時はまだ暗くはなっていなかったので、全然OKですね。ただ、予定時刻よりはオーバーしてたのですぐに飯という段取り。

夕食はこんな感じで。

sIMG_20160528_190405.jpg

その後は風呂→宴会→寝るといういつものパターンでした。

翌朝はとてもよく晴れて、気持ちのいい天気。
しらびその青い空、最高です。

sIMG_20160529_062813.jpg
sIMG_20160529_081601.jpg

木澤小学校へ猫校長に会いに行ったのですが、残念ながら会えず。

sIMG_20160529_094003.jpg

しかしながら、最高のツーリング日和に恵まれて、気持ちよく走れました。

sIMG_20160529_110959.jpg

お昼は蕎麦。飯島町でなかなかのうまい蕎麦をいただきました。

sIMG_20160529_130247.jpg

陣馬形山からの素晴らしい眺めに感動し、

sIMG_20160529_140039.jpg

また152号線に戻って鹿嶺高原にも上がり、くねくね三昧でお腹一杯になりまして。道の駅南アルプスむらでお土産買って、さてあとは高速乗るだけかなーと。

この後152号線経由で諏訪ICを目指すのですが、この最後の行程でアクシデント発生!高遠の峠を走っている時のことです。このツーリングのために用意したと言っても過言ではないサイドナンバープレートなのですが、ホームセンターで買ったユニバーサルプレートで多少後方に延長していたのです。これがこのツーリングであまりにも長時間くねくね道を走った所為か、金属疲労でぽっきりと折れました。えぇ、折れたのです。それでナンバー灯のケーブルでぶらんと垂れ下がった状態。後ろにいたこじろさんが気が付いて、すぐに前に割り込んで教えてくれました。

あちゃあという感じで頭抱えましたが、そこはTGFのメンバー、さすがです。すぐに工具が出てきて応急措置。いや、今回は工具を自分で持っていかなかったのですよ。ソロツーなら積むんですけど、TGFツーリングなら誰か持ってくるだろうという甘い考えで。まさか、それはホントに必要になるとは...。

s13307453_1717173718541996_8119645829852900697_n.jpg

結局、ツーリングバッグの後ろにタイラップでナンバーを仮固定することに。つうか、これって元々こうだったんじゃないのというくらい違和感なく収まりました。昔乗っていたエリミネーターと同じ位置ですね。

その後は無事に問題なく走行。中央高速は例によって多少渋滞してましたが、途中夕飯も食べて遅い時間なるとほぼ解消。

最近、目がさらに悪くなったせいか、どうも暗くなるとよく見えなくて、帰りはなるべくゆっくりと走りました。疲れてるし、見えないしじゃ、危ないですからね。無事に家に帰るまでがツーリングですから。

ということで、今回もくねくね三昧、ハプニングもありの楽しい合宿でした。驚くべきことは、雨に降られなかったこと。TGF合宿といえば、カッパを着るイメージなのですが、今回は全くカッパの出番はありませんでした...。奇跡的...。


2日間の走行ルートはこの通り。青は28日、赤は29日です。



いつも楽しい企画をしてくれる隊長に感謝です。それとアクシデントに対応してくれたこじろん、たかたくさん、七郎さん、小倉さんにも感謝感謝でございます。ありがとうございました。これに懲りずにまたよろしくお願いいたします。​
今日は絶好のクラッチ交換日和w。
ということで、リトルカブのクラッチを強化タイプに交換です。

ボアアップして走りの方はすごく良くなったんですが、エンジンかけるときにキックが滑る。
これはボアアップした場合にはほぼ必ず出る症状で、ノーマルクラッチだと滑ってしまうんですね。
もちろん、10000km以上走ってるので、若干のへたりもあります。
そこで、強化クラッチ。今回はSP武川の強化クラッチキットを使いました。
何といってもASSYで交換できるのがいいわけですよ、楽で。

というわけで、初めてのクラッチ交換です。

やり方などはネットを探せば先人が色々と情報を公開してくれてるので、充分に事前知識は入ってます。
Youtubeで動画をあげてくれてる方なんかもいて、本当に参考になりました。

で、手順通り、オイルを抜いて、ステップとマフラーを外し、右のクランカバーを開けて、クラッチを取り外す。
ロックワッシャーの爪を起こすのに少し難儀したけど、後はすいすいと。
こんな感じです。

sIMG_20160521_110906.jpg

そして、クラッチASSYをパカッと嵌めて、後は外した通りに元に戻すだけ。
SP TAKEGAWAの刻印入りのクラッチです。カバー嵌めると誰にも見えないけどね。

sIMG_20160521_112521.jpg

組み上げてオイル入れてキックしてみると、おぉ、滑らない。素晴らしい。
エンジンかけやすくなりました。もちろんキックは重いけど、重くて滑るよりは全然いいです。
軽く近所を走ってみて、特に問題なし!

と思いきや、クランクカバーのクラッチ調整ボルト当たりからオイルがたらり。
なんと、小さなゴムシールをひとつ付け忘れておりました...。
今回せっかくなので、クランクケースも新品に変えたのですが、それが仇に...。
泣きながら、再度オイル抜いて、ケースを外す作業をやりましたよ。
オイル、円陣屋の高いオイルだったのに...。

で、今度こそOKかなと、軽く近所を走ってみて、特に異常なし。
初めてのクラッチ交換、なんとか成功でした。
車検時にヘッドライトの光量不足で、LEDヘッドライトからノーマルへの変更を余儀なくされたナイトロッドSPです。

前回の車検は問題なく通ったのに、なぜ今回は?ということで取り外されたLEDヘッドライトをよく見てみると...なんと昔起こったアクシデント再び。ライト筐体内の乾燥剤の袋が破れ、中が白い粉まみれになっておりました。この粉、乾燥剤の粉がライトに付着し、光量不足となっていたのです。以前これと同じ状況になった時は、殻割りをして感想剤を取り替え、中を綺麗に掃除してまた元に戻したのですが、その時にきっちりと接着剤でシーリングしちゃったので、もう殻割は無理...ということで、このLEDヘッドライトはもう使えないということになりました。結構なお値段だったんですけどね...。

で、なんとなく諦めきれずに色々とネットを検索していると、ハーレー純正のLEDヘッドライト、前のやつは廃盤になり改良型が出ていると。で、あの乾燥剤破裂問題が改善されていると、いうことらしいのです。とは言ってもねぇ、新品で8万円位、尼の安いショップで7万円弱くらいなんですよねぇ...。しかし、ここで諦めずにオクとか中古とか検索しまくって、ついに見つけました、新品の半額という安い中古品。某中古パーツショップ通販サイトにひっそりと掲載されていました。迷いなくこいつをポチっと。

今日届いたので早速交換です。

sIMG_20160515_151203.jpg

以前はLED4個だったのが、新型はLED6個。さらに光量が増しているようですね。見た目の迫力も増してます。ワルっぽくてなかなかいい感じですよ。



ということで、2年ぶりのツアーです。仙台は2年前のぐるんぐるんにも行ってますので、自分としても2年ぶり。
しかも今回のツアーのスタートと言うことで、いやがおうにも期待が高まります。

例によっていつものパフュクラ仲間の皆さんと5月3日のお昼に仙台で合流。
ライブ前の腹ごなしをいたします。昼からすでに飲み始める皆さん、さすがであります。

IMG_20160503_120820.jpg

会場まではシャトルバスで移動。まずは物販コーナーですよ。今回はTシャツとパンフレットをとりあえず購入。
熊本地震被災地支援募金に少しお金を入れたり。
ちょっとした展示もありまして、そんなのを眺めて。

IMG_20160503_140748.jpg

セキスイハイムスーパーアリーナにはさらに多くのお仲間が集まっておりまして、恒例の集合写真を撮ったり。
ライブ開始まで熱いPerfume談義に花が咲くわけです。

P1000466.jpg

image.jpg

さて、ライブのほうは、中身についてはSNSなどには書かない約束をあ~ちゃんとしたので、ここには書きません。
が、とにかく、ミラコーな内容であることだけは間違いありません。
期待をいい方向に裏切られました。

さてライブ後はシャトルバスで仙台駅まで戻ります。
バスが着いた東口の映画館、チネ・ラヴィータにちょっと寄り道。
ライブのMCであ~ちゃんが5月2日のオフの日にひとりで映画を観たと話していたので、これは行ってみねばというわけです。

そしてそして、有志のパフュクラの皆さんと楽しい二次会!
まぁこれがもう楽しくて楽しくてね。
なんだかもう、話しすぎの笑いすぎであっというまに12時を過ぎてました。

20160504001754_IMG_1914.jpg

ライブ2日目もパフュクラ仲間と仙台駅でランチ。
前日のMCでのっちが言っていた、ひょっとすると行ったかもしれない青葉亭さんで牛タンをいただきました。
お腹も満足したところで、会場を目指します。

やはり2日連続でライブ参戦している方が多く、今日も有志で記念写真を撮ったり、お話ししたり。開演まで気持ちを盛り上げます。

20160504151244_IMG_1970.jpg

さて、Perfumeのライブは、チケットには座席番号が印字されていません。入場時に席が決まるというシステムになっています。所謂転売防止ですね。席によっては不自然に値段をつり上げての転売がありますので。
なので、入るまでどんな席になるかわくわくもんなのです。
で、この日の席は、席番号を見てもほほう位にしか思わなかったのですが、実際に行ってみるともうそれは久々の神席。
いやー、スゴイ、初日以上に盛り上がっちゃいましたよ!
2年前の仙台ぐるんぐるんライブの際もアリーナ2列目だったのですが、それに負けぬ席。
仙台は相性がいいのかしらん。

IMG_20160504_185857.jpg

さてライブ終了後も有志で打ち上げ宴会。
これまたはしゃいで騒いでたくさん話して。大盛り上がりの楽しい宴会でしたねー。

しかしまぁ、皆さんよくお飲みになる。仙台はいいお酒があるからですかねー。
下戸の自分はノンアルコールビールでお腹がふくれましたが。
この日も12時過ぎまで宴会は続いたのでした。

IMG_2008.jpg

さて、翌日。
意外とスッキリと目が覚めたので、早々にホテルをチェックアウトし、まずは延命餅本舗に行ってみます。
前日のライブMCであ~ちゃんが、ここのお餅が旨いと絶賛していたのです。ホテルから歩いて15分くらいでした。
で、到着すると案の定、Perfumeグッズを身につけた皆さんが行列してるし。そうか、考えることは皆同じかと。

IMG_20160505_092302.jpg

残念ながら欲しかった大福は買えず、茶饅頭を購入しました。

この後は駅でお土産を色々と購入。牛タンカレーとシチューの缶詰を10缶ほど買っちゃいまして、宅急便手配。笹かまももちろん買って、こちらも宅急便で送ります。

そして、昼前にまたパフュクラ仲間と合流し、牛タンを食べに行きます。
ホテルから近い利久の一番町やなぎ町店に行きまして、牛たんづくし定食をいただきました。これもうね、やばいくらいに牛たんまみれで。牛たん焼き、ハンバーグ、ローストたん、たたき、角煮、なすはさみ揚げ、テールスープなどなど。大満足。そういや、2年前にもここに来たんでした。

IMG_20160505_115247.jpg

ここでお別れの方々を見送り、まだ時間があるので源吾茶屋に行ってみます。

IMG_20160505_130645.jpg

桜岡大神宮のすぐ脇にあるこの茶屋、これもまた前日のMCであ~ちゃんが仙台でよく行くところとして話していたところ。MCではお店の名前は言わなかったのですが、その後すぐにネットでここだという情報が流れまして。店内にはあ~ちゃんのサインだけでなく、ユーミンとか芸能人が結構来ているようでした。そして、ここにもPerfumeグッズを持った人々が。お店のおじさん、「あなたたちもPerfumeの人?今日はすごいんだよ」と話しかけてくるくらいでした。

IMG_20160505_131005.jpg

仙台に後ろ髪をたっぷりと引かれながら、仙台駅に戻り帰りの新幹線に乗り込みます。楽しい思い出をお土産に持って。

Perfumeのライブは、それはもう素晴らしいものでした。いつものことながら、常に前を越えてきます。最新のライブが最高にいいのです。まだツアーは続きます。7カ所15公演全て制覇する強者もいますけど、私は次は幕張での3日間に参戦します。

そして、何より今回も感じたのは、パフュクラさん達との交流の楽しさ。行きも帰るも別々ではありますが、何というか、大人の修学旅行的な感じですね。とにかく楽しかったのです。


そんな人たちとの出会いをくれたPerfumeに改めて感謝です。


※写真は、一部、いただいたものを加工して使わせていただきました。この場にて御礼申し上げます。



ということで、今日は黄小蕪号ことリトルカブのちょいカスタム作業などやっておりました。

まずは、リアサスペンション。ノーマルからSP武川のものに変更。
左がノーマル、右がSP武川のですね。

sIMG_20160424_141114.jpg

ヤフオクでまずまずの程度のものを非常に安く落札できたもので...。多少錆はありますが磨けば綺麗に。
カスタム感は出ますねー。走りの方もコーナーでのふわっとした感じが少しなくなったかなという気がします。

それと、これもヤフオクで入手した怪しいCDI。

カブ50のCDIは点火時期27゜固定なんですね。で、カブC90のCDIは自動進角CDIで、回転数に合わせて15°から29°まで可変なのです。なので、ヤフオクで先にCD90用の中古CDIを入手しておいたのです。

ところが、この写真の怪しいCDIをこれまたヤフオクで見つけてしまいました。なんでもレーシング対応の自動進角CDIで低回転から高回転まで追従するとのこと。特にビッグキャブ使用時の低回転での安定を謳っていたので、さくっと買ってみました。何と言っても1900円というお値段なので、ダメ元です。

sIMG_20160424_144332.jpg
ちょこっと近所を走ってみましたが、確かに低回転時のトルクが出てるような気がしなくもなくもないくらい...。しばらく乗って、次はCD90のCDIに変えてみて比較してみます。

いやぁ、弄ってるのが一番楽しいかも。

4月からの道交法改正で、ナンバーを縦に付けることが出来なくなりました。
ちょうど車検を3月末に迎えることもあり試行錯誤でとりあえず暫定処置で車検はクリア。
とにかくナンバー位置を再考せねばと色々と考えて、今日も家の前で作業。

基本その場合わせですが、なんとか少しは満足できるカタチになりました。

20160423.jpg
左への出っ張りは少しだけ解消。ナンバープレートホルダーを、外にはみ出しさないナンバープレートと同寸法のものに変えました。
ナンバー灯もRizomaのものに変更。車検出すときは、適当なLED灯を両面テープで貼っていただけなのです、実は(笑)。して、やや取付位置をタイヤ側に入れてます。

スッキリしたかな。まぁこんなものですかね。

実はアクセルシャフトに噛ませるタイプのサイドナンバーキット(とはいえ、他車用なのでポン付けで着るかどうかはちょっと不明)もあるのですが、さすがに自分では組み付け出来ないので、これはまた次に機会に。


黄小蕪号~リトルカブですが、念願のボアアップしちゃいました。

こちらが黄小蕪号近影でございます。

sIMG_20160417_164507.jpg

SP武川のeステージボアアップキット81cc(カムシャフト付)を組み込んで、黄色ナンバーの81ccとなりました。
組み付けはカブのカスタムショップとしてとても有名な東京堂目白店さんにお願いしました。

エンジンだけでなく、キャブもクリッピングポイント製ビッグキャブ16φに変更。もちろん、ドライブスプロケットは16Tに変更。これで走りは激変しました。家から東京堂まで約40km程度の距離ですが、さすがに50ccでの往路はちょっと疲れました。しかし81ccにボアアップした後の復路はとても快適。こんなに変わるのならもっと早くやっておけば良かった...と思うほど。もちろん慣らし中なのでアクセルは7割くらいまでしか開けてませんけどね。後150kmくらいは慣らし運転です。

また、最近どうも燃費が悪いと思っていたら、キャブ詰まりでガソリンがオーバーフローしていた模様。キャブの交換は良いタイミングでした。

このボアアップ、自分で作業しようか迷ったんですが、ちょいと自信がなく、今回はショップにお任せしました。エンジンのノックピンが固着していて抜けなかったそうで、自分でやってたらお手上げだったなぁと。東京堂の店長はとても親切で、色々と教えてもらいましたよ。いいショップです。

こちらがボアアップ後のエンジン。

sIMG_20160417_135704.jpg
そして、こちらが交換したビッグキャブレター。

sIMG_20160417_135655.jpg

昨日土曜日に引き取って、今日、日曜日はさらにカスタム。
まずはあらかじめヤフオクで落札していたCD90の純正マフラーの取付。程度のいい中古がいい値段で入手できました。これがポン付けできるのです。ステーは元のものを使う必要がありますがね。それとガスケットも新品にしないといけませんが。

sIMG_20160417_135711.jpg

せっかくレッグガードを外したので、キャブのエアクリーナーも新品に交換。さらにキャブのエアクリーナーボックスの閉じてる穴も貫通させました。50だと閉じていて90だと貫通しているという、吸気効率アップカスタムの基本です。

sIMG_20160417_135649.jpg
レッグガードが亀裂が入っていたので、新品に交換。さらにリアキャリアを大型のものに変えてリアボックスも新品に交換。白の方が合うかなぁと。

ほぼほぼ、やりたいことは出来ました。
見た目はノーマルですが、結構速いリトルカブの完成です。

sIMG_20160417_164522.jpg
sIMG_20160417_164541.jpg
早く慣らしを終わらせて、アクセルをもっと開けてみたいものです...。

12年

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年も桜の花が散り始め、また小町の日がやってきました。
今日で先代、いやもう先々代の愛猫小町が亡くなって12年です。

この12年の間に、桜子、虎千代、小菊が家にやってきて、そして桜子と虎千代はもういません。
月日が経つのは早いものです。
虎千代と桜子が旅立ってからもう半年とは...。

そして、小菊は今日も元気に遊んで。そして遊び疲れてぐっすり寝ています。
自分専用のコタツでご満悦。

IMG_20160404_193113.jpg

ハーレーを無事に車検に出したので、久々に黄小蕪号ことリトルカブのメンテとプチカスタムなど。

とにかくほったらかしにしておいたせいで、かなり汚くなっていた車体をひたすら磨きます。マフラーやホイールにもサビが浮いてきているので、これもCRC5-56を吹いてワイヤーブラシでサビ落とし。まぁ少しは磨いた甲斐はあったかなと自己満足の域まで頑張ります。塗装面はプレクサスでピカピカ仕上げ。

プチカスタムのほうは、まずはサイドスタンドをショートサイズのものに交換。リトルカブのサイド津丹戸はちょっと長めで、サイドスタンドで立てると車体が立ち気味なんです。つうか、ちょっと反対側に押せば、いや風が吹いても倒れるレベルなのです。そこで、ショートサイズのサイドスタンドに交換。これで、ちょっと停めるときなどは重宝します。
そして次に、フロントの籠を交換。ずっとつけていた純正のワイヤー籠から、この籐風のバスケットに変えてみました。ずいぶんと印象が変わるものです。おしゃれ感出てますかねー。
ミラーも純正に近いものに交換。その際にチョビハンも左右につけました。これはバーハンドルでないカブなどの車種に、バーハンドルと同じ径の短いバーを追加し、ハンドル用のホルダー類を使用できるようにするアクセサリー。とりあえずドリンクホルダーとRAMマウントを設置してみました。
さらには、ウインカーとストップランプをクリアタイプのものに交換しました。こちらの方が、全体的なカラーバランスがいいですね。合ってます。
で、ホントにこれはプチなんですが、いわゆるコンビニフックも新しいものに付け替えました。

IMG_20160321_150025.jpg
IMG_20160321_150102.jpg

半日ほどの作業でしたが、なかなか満足いく仕上がりとなりました。
しかし、なんとなくこのリトルカブのカスタム、さらに手を出したいなぁと思ったりして。やはりね、ボアアップしたいのです。数万で出来るんだったらいいかなあと。自分でやるか、ショップにお願いしルカでかかるお金も変わってくるし、どこまでやるかというところも懸念です。エンジンだけなのか、キャブも帰るか、さらにはクラッチも強化するかとか。一歩間違えると泥沼なので、まぁよく考えてみましょう。

5年

| コメント(0) | トラックバック(0)
未曾有の大震災から5年。あっという間というか、まだ5年というか。とにかくあの日を境に何かが大きく変わったことは間違いありませんあの日のことは今もよく覚えています。非現実的な体験でした。


私的ドキュメント311 - MAXのおもちゃ箱
汐留イタリア街にあるオフィスのデスクで通常の業務。
ぐらりと来た。が、なんとなく揺れ方が違う、なんというか横にスライドするような揺れ。
なかなか揺れは収まらないどころか、どんどん強くなってくる。
立っていることが出来ない
デスクの上の書類が落ちる。他のデスクも同様。PCが倒れる。
女子社員が悲鳴をあげる。皆、デスクの下に隠れる。
窓から見える隣のビルが、ぐらぐらと揺れている。

そして。
どうしてもその脅威の痕跡を自分の目で確かめたくて、北を何度も目指しました。


2011/04/29-05/01 福島ツーリング - MAXのおもちゃ箱
かねてから言っていたとおり、福島にツーリングに行ってきた。
このGWに福島に観光に行く人は少ないだろう。少しでも地元に還元できることが出来ればと思ってのこと。
2012/04/28-04/30 福島ツーリング または、福島肉祭り! - MAXのおもちゃ箱
昨年同様、今年のGWも福島にツーリングに行ってきた。今回のテーマは、かつて訪れたあの場所にもう一度行ってみよう。年を経て、何が変わったのか、何が変わらないのか。それを確かめに行く。 
遅ればせながら、GW福島ツーリングのこと - MAXのおもちゃ箱
GWの前半、4月27日~29日に、また福島へツーリングに行ってきました。
いつもの通り、磐梯の3ラインでの走りをメインにするつもりだったのですが...。
14/5/17-5/21岩手~宮城ソロツーリング その2 宮城海岸線篇 - MAXのおもちゃ箱
さらに、海沿いを南下。今日の宿泊地である石巻に向かいます。が、石巻市街の手前で寄っておきたい場所がありました。大川小学校跡地。
14/5/17-5/21岩手~宮城ソロツーリング その4 石ノ森漫画館&石巻散策篇 - MAXのおもちゃ箱 はてなブックマーク - 14/5/17-5/21岩手~宮城ソロツーリング その4 石ノ森漫画館&石巻散策篇 - MAXのおもちゃ箱
さて、この石巻には街の中いたるところに、石ノ森ヒーローがいます。とにかくこの目で見たかったのは、この仮面ライダー。震災直後のこの姿に感動しました。

 誰がために。の画像 | カープ・ドランク・ロックンロール

この姿が、街中に立つ石ノ森ヒーロー達の姿が、石巻市民に勇気と希望を与えてくれたそうです。


2011年から14年まで毎年福島を中心に東北に行ってます。
昨年は諸事情ありツーリングでは行けなかったけれど、今年は行きたいと思っています。

行ったからと言って、何が出来るわけでもないし、大層な目的があるわけでもない。
ただ、テレビの画面や新聞雑誌の写真ではなく、この目で確かめたいのです。
自然の怖さ、そして決してそれに打ち負かされることのないヒトの力を。


震災で亡くなった多くの尊い命。そのご冥福をお祈りします。
とても残念な知らせが飛び込んできました。

宮城県の猫島として知られる田代島のアイドル的存在であったねこ太郎が、3月8日に永眠したそうです。推定9歳とのこと。野良猫としては長生きでした。

田代島のねこ太郎のことは震災前から知っていて一度行きたいと思ってました。そこにあの震災。田代島も津波で大きな被害を受けましたが、ねこ太郎を初め多くの猫たちは無事であったという知らせを聞いて、もうどうしても行きたくなり、長期休暇を取って東北ツーリングに出掛けたのが2014年の5月のことでした。

フェリーで渡った田代島で最初に迎えてくれた猫が、このねこ太郎でした。猫神社の社を護るかのように妻のシロエとともにそこにいたのです。人に動じることもなく、貫禄のある子でした。

震災後は田代島の復興のシンボル的な存在にもなっていたねこ太郎、明日震災から5年という節目を迎えるこのタイミングで亡くなるのも、何か感慨深いものがあります。

虹の橋を渡っても、きっと元気にたくましくやっていることでしょう。ねこ太郎、安らかに。


14/5/17-5/21岩手~宮城ソロツーリング その3 田代島篇 - MAXのおもちゃ箱
猫神社の社が見えてきました。そして、そこにはなんと、ねこ太郎夫妻がいるじゃありませんか!!DVDでは主役にもなっている田代島の人気猫、ねこ太郎!!。そして現在の夫人のシロエです。2匹が仲睦まじく、神社を護っています。いやいや、田代島に行ったら、ぜひともねこ太郎に会いたいと思っていたんですが、いきなりの対面に興奮です!!


田代島にゃんこザプロジェクト 田代島便り:ねこ太郎
皆様に親しまれていたねこ太郎(推定9歳)が、
3月8日の午後、永眠しました。
s2016blog.jpg

Shigeru Max Oshiba

バナーを作成

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02