侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負」

自分のアイデンティティを見失ってしまった丈瑠が唯一自らの存在意義を見いだせるのが、十臓との戦い。それはもう、目的のない、戦いのための戦い。まるで、外道のような…という彦馬の言葉のとおり。斬り合うことで見出す自分なんて、そりゃあもう空虚なモンです。しかしながら、彦馬の説く、嘘の中の真実の関係、絆。それが丈瑠をどこまで揺り戻すことが出来たのか、まぁ次回に送られてしまったわけで。
で、一方の本物のシンケンレッドが、可憐な感じでよい。これでいけ好かない姫だったら家臣達も踏ん切りがついただろうにというのは、千明の言うとおり。心引き裂かれる家臣達。特に、侍の本分を重んじる流ノ介の苦悩は可哀想です。これまた次回に送られて。
残すはあと3回。盛り上がってます。