仮面ライダーキバ 第33話「スーパーソニック・闘いのサガ」

なんか恋愛ドラマっぽい展開。韓流って感じですかね、こういう三角関係って。
過去では真夜が音也に接近。真夜がファンガイアであることを知りながら、さすがに倒すことはできませんな。つうか、ストラディバリの弟子だったって。凄いですなぁ。でもこれが音也と渡がバイオリンを作ることになるきっかけなんですな。真夜と音也の姿を見て、一人涙を流すゆり。三角関係、ですなぁ。
で、現代では深央をはさんで渡と大牙の三角関係。ファンガイアのキングとクイーンとして結ばれることになっているという深央と大牙。で、渡は親友?の大牙の婚約者が深央であることを知って、ハートブレイクです。ふたりがファンガイアであることは、渡は知らんわけだけどね。三角関係、ですなぁ。
この二つの時間の間に何があったのか、非常に気になるわけですよ。真夜に起こった悲劇とは何か。渡の母親は誰なのか。つか、渡と大牙は異父兄弟なのかね。渡は人間とのハイブリッドつうことだけど。だから、キバに変身できるんじゃない。あー、でも過去にもキバは出現してるんだよなぁ。
ま、謎は謎を呼んで、複雑な人間関係と絡まるわけです。
そんなことより気になるのは、だんだん壊れて行ってるように見える名護だったり(笑)。

トクサツ

Posted by MAX