ウルトラセブンX 「TRAVELER」

太田愛テイストなオハナシだなぁと思ったんだけど、脚本は小林雄次氏でした。
唐橋スネークオルフェノク充氏がなかなか良い味を出してました。こういう夜の寓話みたいな展開が、セブンXのカラーなんでしょかね。予算的にも楽だろうし。大々的な地球侵略エピソードとかは、大変だもんなぁ。
しかし、セブンの登場の必然性が無いハナシだったなぁ。最後は無理矢理ですな。敢えてセブンを出さなくてもいいんじゃなかろうか。どうせ子供は観てないんだしね。
バーテン役の及川奈央がまたいい感じ。タカオに対する想いみたいなモンが少し覗くあたりは機微が感じられていいです。