ウルトラセブンX 「DREAM」

セブン生誕40周年記念作品。の割には深夜帯だし。ちょっとメビウスに比べて扱いが悪いか。まぁ、セブンなのでアダルトなテイストで行きましょうということかしらん。トーンはメビウスチックですな。しかも低予算という感はぬぐえません。まぁ、しかたないか。
記憶喪失の男が、自分はエイリアン撃退のためにシークレットエージェントで、命狙われて、しかも挙げ句の果てには赤い巨人に変身までしちゃって怪獣と戦うと。なんだか無理矢理って思ってしまったですよ。記憶喪失だったら、普通はまず病院に行くような気がしますがね。でも、自分の記憶を辿るために、DEUSの集合場所に行ったんだから、まぁおかしくはないか。
DEUSは地味です。過去のどの防衛隊よりも地味。SRIよりも地味かもしれん(笑)。つうか、ジンのクルマが今の普通のクルマだし。いつの時代なんだよって。
人知れずエイリアンが身近なところに入り込んでいて、地球征服を企てんというのは、まぁオリジナルのウルトラセブンの基本フォーマットですね。で、侵略者は分が悪くなると、大概巨大化して町を破壊し始めると。そこでセブン登場。ジンのウルトラアイはちょっと悪っぽいし、それを着眼して変身するウルトラセブンも顔が悪っぽいよ。でも顔小さいねぇ。しかも体は筋肉質。腹筋の割れているウルトラマンは初めてです。アイスラッガーの使い方が、オリジナルと同じで、これはいいね。マックスのマクシウムソードはやっぱりダメでしょ。
全12話のミニシリーズ。ジンの正体、そしてセブンXの正体を探るのが、このシリーズのメインストーリーなんでしょう。そこを軸にいかに振れ幅を大きくしてくれるのかが楽しみです。
Xはヒーローショーには呼ばれんよナァ…(笑)