ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE

コスモスの映画も3作目。オリジナルで3本も映画が作られるなんて、コスモスもホントに優遇されてるよなー。しいて言えば、まぁセブンも新作は作られてるけど、あちらは低予算なオリジナルビデオだし。
さて、今回の売りは前作コスモス2でデビューしたウルトラマンジャスティスが人類の敵としてやってくると。なんというか、ウルトラマンアグルみたいな感じですかね。まぁ、アグルの場合は根源的破滅招来体に騙されていたのだけれど。
今回は宇宙の絶対なる正義みたいのがあって、それがウルトラマンの上にいてさ、で、地球人類は宇宙全体にとって脅威になると。だから今のうちに芽を摘んでしまえと。そういう話ですな。で、その宇宙正義の下で動いているウルトラマンは何人くらいいるんだろうねぇ。コスモスとジャスティス以外にもいるんだろうか。新・ウルトラの星みたいなものもあるのかなと。
しかしね、なんか調査が杜撰というか。まぁ、人間体ジュリとなったジャスティスが地球で過ごすうちに、だんだんと人間の良さがわかってくるんだけど、それも35時間とか短いし。たまたまからまれた暴走族みたいのみて、やはり人間はダメとか言ったりさ。人類が宇宙の脅威となるまではまだまだ時間があるんだろうから、何年も掛けてちゃんと調査すりゃいいのにって思ったのはMAXだけ?
で、誰も全く歯が立たない最終兵器を破壊すべく頑張るコスモスとジャスティス。コスモス=ムサシの復活シーンはなかなか良かったですな。でも、蘇ったコスモスも力及ばず。そこで登場は30人目の新ウルトラマン、レジェンド。コスモスとジャスティスの合体した姿なのね、レジェンドって。伝説のウルトラマンって、どこに伝わる伝説なのかよくわからないけれど、とにかく強いわけです。二人のウルトラマンが最後まで頑張ったときにはじめて現れる戦士。まぁ、こういう設定のウルトラマンもアリなのかな。出自は依然として謎ですが。コスモスも、ジャスティスも。
ま、これで本当にコスモスは終わりと。それにしてはちょいと食い足りんかったなぁ…。長く続いたシリーズだけに、ちょっと寂しくもあるけど。また新シリーズに期待しましょう。
あ、同時上映の『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING’S JUBILEE』についてはノーコメントということで。

「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE」 03 松竹 監督・特技監督:北浦嗣巳 脚本:長谷川圭一、川上英幸 CAST:杉浦太陽、吹石一恵、市瀬秀和 他