桜子

一時間ほど前、愛猫「桜子」が永眠しました。10歳でした。
私のFBのプロフィール写真の故虎千代と兄妹猫でした。
もう2年近く桜子は声が出ずにいました。最初は風邪を引いたのだろう、ウィルス性の炎症だろうと獣医にも言われていたのですが、腫瘍があることがわかり生体検査の結果、ガンであることがわかりました。
それでもずっと頑張って、喉を詰まらせながらもペースト状のフードを食べる姿は健気で、生命の力強さを感じました。しかしその食べる量も少なくなり、どんどんとやせ細り、昨日からは全く食べられず、また力も入らないので起き上がることも出来なくなりました。
そして、先ほど私と妻に前足を握られながら、最後は眠るように呼吸が止まりました。
桜子は、野良猫の頃は人を警戒し全く寄りつかず、常に威嚇していたのですが、時をかけて段々と信頼関係を築き、結局3匹の中で一番の甘えん坊になりました。
一昨日逝ってしまった虎千代と同様に、またも人生のパズルの一片を無くしてしまいました。しかし、元々本当に仲の良い兄妹でしたが、旅立つ時まで二日違いとは。不思議な絆を感じます。
10年間たくさんの癒やしをありがとう。
一時に2匹の愛猫を失うという、非常に辛い経験をしました。
しかし、「小菊」が元気一杯です。この子も本当は寂しいのでしょうけれど、一生懸命に甘えてくれます。小菊に助けられています。

ネコ

Posted by MAX