爆竜戦隊アバレンジャー 「突入!アバレ最終決戦」

来ました、ラス前っ!。壬琴とトップゲイラーという大きな犠牲と引き換えについにデズモゾーリャを倒したかに思えたのだが、まだ平和は訪れることはなかった。そして、マホロも捕らえられたまま…。


デズモゾーリャの残留思念が“侵略の園”とともに次元の壁を破って、アナザーアースに侵攻。しかもその体内にはマホロが捕らえられている。これに対するアバレンジャーたち。アスカはマホロを犠牲にしてデズモゾーリャを攻撃してくれというわけだけど、もう仲間を失いたくないと幸人が怒る。クールなブルーがこういうとこ見せるのがいいですな。
アスカ単身“侵略の園”改めデズモゲヴァルス内に侵入。そしてマホロを救うまでアバレンオーとマックスオージャがデズモゲヴァルスの破壊行動を食い止める。マックスオージャにはアバレブルーが乗ってますな。ブラックも乗ったし。マックスオージャは乗り手を選ばないと?マックスシールドはどこから持ってきたの?って細かいとこは突っ込まんほうが良いのかも。
マホロを救い出すアスカだが、そこにガイルトンが現れ、二人ともに体を剣で貫かれる。あらら、これじゃぁなんだか救いもないし。なんともかわいそうなお話じゃぁないの。死を受け入れんとするふたりに活を入れるのが、アバレイエロー。戦闘中にいてもたまらずにデズモゲヴァルス内に飛び込んだ彼女。なんだか唐突な行動だぁと思ってたんだけど、ここでこの台詞を言わせたかったのかと。なるほどね。でもって、ダイノガッツに溢れたふたり、復活します。
さて、次回は最後の大一番、気持ちよく終われるといいですなぁ。