大魔神カノン 「歌恩」

最終回ね。まぁ、予想通りの展開。ブジンサマはカノンの歌で機嫌を直して復活。ところが、イパダダが封印を破って巨大化。折しも復活したブジンサマがそれを退治。イパダダを封印するため、またも岩となって眠りにつく…ってね。あまり驚くべき展開はなく、オーソドックスな展開でした。
しかしねぇ、このドラマに大魔神というタイトルを冠するのはいかがなものか。まぁ、高寺Pだからなぁ。狙いかもね。クウガも響鬼も劇中では一度も「仮面ライダー」という言葉は出てこなかったもんね。人気タイトルの名前だけもらって、中身は自分のやりたいようにやっちゃう人なのだよね。カーレンジャーからしてそうだし。
ブジンサマの活躍をもっと観たかったし、オンバケたちの戦いももっとあればねぇ、特撮ドラマとしての爽快感があったと思うんだけど。この番組全部見終わってもカタルシスがないような気がします。そういうものを期待する方が悪いのか。
あ、一番驚いたのは、オダギリジョーが何気に出演、しかもカノンの兄役ってさあっ!ビックリですよ。クウガ繋がりなんでしょうねぇ、ホントにビックリでした。