侍戦隊シンケンジャー 第四十五幕「影武者」

いやいや、ここに来てこのどんでん返し。凄い展開になってきたねぇ。シンケンレッドが本物ではなく、影武者だったとは。まぁ影武者も時代劇にはつきものだけど、やっちゃうわけですよ。しかも本物の志葉家当主は姫。戦隊史上初の女性レッドの誕生ですな。これも意表を突かれましたぜ。名乗りもちゃんとやったしね。オープニングのキャストクレジットにも、丈瑠にはシンケンレッドのキャスト名が併記されてなかったり。細かいねぇ。源太もゴールドの表記が抜けてたナァ、今回は。
さて、これまでの丈瑠の苦悩は、自分が本当の当主ではないのに、家臣達が自分をしたい、命を投げ出してくれるということの重さ、そしてそれを決して口に出せないということ。今にして思えば、丈瑠のこれまでの態度の変化の意味がよくわかろうというもの。十臓がいうところの”いびつさ”ですな。
薫姫、さすがは当主だけに強い。その態度は凛としたもの。従う家臣達も侍としての使命はわかってはいるのだけど、しかし納得できない心があったり。
一方、丈瑠はすべてをなくし。あるものは剣だけと、十臓と対峙する。
ますます目が離せませんなぁ。