仮面ライダーキバ 第4話「夢想・ワイルドブルー」

なるほど、音也の告発をしていた女弁護士がファンガイヤだったと。しかも音也の気まぐれに振り回されたファンガイヤ。ちとかわいそうな気がするなぁ、被害者達の言うことは本当だしさ。ま、関係なく倒されちゃうわけですけどね、モスファンガイアは。
さて、今回気になったのは渡の台詞。「俺のライダーシステムのほうが…」って言ってますな。ライダーシステムは人工の物?なのかな。ファンガイアハンターが開発した対ファンガイアシステムか。キバはそのプロトタイプかなにかで、ハンターチームの制御が効かなくなったとか。そこらへんにキバットが関係してくるんでしょうなぁ。つまり、毒をもって毒を制すシステムで、リスクが大きいと。
それと、ついに登場ですよ、ガルル。「娑婆の空気でも吸いに行くか」。くぅー、格好いいですなぁ。ザンキさん、やっぱ格好いいよ。で、このガルルファームは左肩の拘束具が外れて、青いキバになる。ガルルが憑依する感じ?電王のフォームみたいな?必殺技もこれまた格好いいですな。口が開くとはねぇ…クラッシャーですかな。
次回もガルルが活躍しそうで楽しみな。