仮面ライダー電王 第34話「時の間のピアニスト」

ピアノマン完結編。結局この人の正体はよくわからないまま。時間が元に戻っても、ヒトの記憶に残っていないものは修復されない。つまりこの人は時間の狭間に取り残されてしまい、デンライナーでいつ終わるともわからない旅を続けるわけなのだと。
侑斗もカードを消費することで、このピアノマンと同様に人の記憶からなくなっていく。人の記憶からなくなるということは、存在がなかったことと同意ですな。これは辛い。
件のピアノマンについては、唯一彼の存在を覚えているであろう人間が昏睡状態から目を覚ませば、また元の世界に戻れる、はずなのである。