仮面ライダー電王 第24話 「グッバイ王子のララバイ」

「降臨、満を持して」でウイングフォーム登場ですな。これは、テレビではこの一瞬の登場ということになるのかね。
とにかく、誘拐犯の疑いはウラタロスのベシャリとジークのおかげで何とか切り抜けて晴らしたわけです。ところが、ジークの体は崩壊しかけていて…これはもう何ともならず。苦しみの中で赤ん坊の母親を救って欲しいと良太郎に頼むジーク。
ジークの契約者は実は母親の栞で、その栞との契約は赤ん坊が無事生まれたことで完了。栞の過去に飛ぶことで、ジークも消えなくて済むという落としどころですな。これで、めでたしめでたしと。
ジークはそのままその時間軸に存在すると、現在にも引き続きいることになるのではないのかな?って気がするが。それとも、そこは別の時間軸になってしまうのか。映画版にもその後のジークは登場するらしいので、そこは説明があるのかな?