仮面ライダー電王 第12話「走れタロス!」

いや、なんか毎回サブタイトルが楽しみになってきたよ、ホントに。
で、走るタロス、キンタロスですな。カスミちゃんのため、その父親のため、キンタロスは走る。たとえ、デンライナーから降ろされて時の狭間を永遠に彷徨うことになろうと、彼は親子のために走ると。
ま、実際に走っているのは良太郎の身体だったりするのですが。
例によって、人の望みを勝手に解釈し、カスミちゃんをいじめてたわけですな、アイビーイマジンは。でも、そもそもの発端となった父親との確執を修復するために一言をキンタロスがかけたことで、歴史は小さく改変され、イマジンもいなかったし、キンタロスがデンライナーを追放される理由もなくなった。もう、典型的なタイムパラドックスで。
さて、またもイマジンが暴れる過去にいた、時計を持つ謎の男。これって…2号ライダーか?