ウルトラマンメビウス 「無敵のママ」

ゲストに美保純、監督は小中和哉という豪華篇です。
なるほど、考えてみりゃM78星雲人もサーペント星人と同じようなことしてきたわけだし。合体シーンは帰ってきたウルトラマンでしたな。
お話しとしては、先も読めるわけで、最終的に美保純演じる食堂のおばちゃんを生かすか殺すかってとこなんですけどね、まぁハッピーエンドでよかった。これがウルトラシリーズのよいところでしょう。円谷的良心というか、ね。
とにかく、美保純大活躍で。こういうゲストの個性が生きるエピソードって、ホントによいですなぁ。オチも楽しく、後味いい。シリーズものの醍醐味と言えましょう。
サーペント星人は、ボーグ星人とフック星人を足して2で割ったような造形がよい。このところのメビウスの怪獣、星人の造形は非常によいです、ウルトラ怪獣って感じで。で、彼らが言っていた大いなる戦略って一体何なのでしょ。今後の終盤に向かっての布石でもあるんでしょう、今回のエピソードでは深く触れなかったけどね。