仮面ライダー響鬼 「三十八之巻 敗れる音撃」

久々に明日夢君がちゃんと出てきましたな。なぜかブラバン補欠のために合宿をしてくれるというみどりさん。たちばなの店先に白衣でうろうろするのはいかんでしょう。一般のお客さんもいるんだからさ。明日夢君はブラバンの補欠にも落ち、京介の言葉にも惑わされて、悩み多き日々ですなぁ。
さて、今回登場の呼子、うーんほとんど怪人ですなぁ。魔化魍というよりは。トカゲ怪人です。こいつが強い。アームド響鬼も、轟鬼、威吹鬼での同時音撃もかなわないとは、結構な強敵。音撃が全く効かないのは、実は訳ありと言うことなのだけれどね。
さて、今回は皆悩むわけです。前述の明日夢君はヒビキにその悩みを吐露し、イブキはというと、ザンキにあきらのことで殴られ。そしてトドロキもまたザンキに殴る価値さえないと叱られて。そりゃあ大変なことで。そのザンキ、胸の傷が痛むんですなぁ。前回ノツゴを倒すために変身してしまったからね。こりゃひょっとするとザンキはこの先…。
ヒビキが持ち込んだアームドセイバーを、例の合宿所で調べるみどり。そこに呼子とスーパー童子・姫が現れる。呼子の攻撃にまったく手も足も出ない響鬼。それどころか、みどりと明日夢を拉致されてしまうなんて、これまでにない深刻な状況ですぜ、こりゃやばいって。
今回はみどりさんのアクションに萌えました、はい(笑)。