Perfumeの最近のブログ記事

今朝、こんな夢を見た。

なぜかファン代表として、何かのキャンペーンにでも当選したのだろうか、Perfumeのメンバーと何日間か一緒に過ごすことになっていたらしい。

実際にあの3人と一緒に暮らしている。朝起きると彼女たちもそれぞれ起きてきて朝ご飯、なぜか卵かけご飯を3人と一緒に食べる。あ~ちゃんはそれはもう甲斐甲斐しく面倒見てくれて。で、のっちはご飯こぼしたりして笑われたり。
3人が仕事に行く時も一緒に付いていって、見学したり。スタッフにもいいですねーなんて羨ましがられたり。

そして、3人と一緒にたくさんの猫たちも一緒に暮らしている。猫は皆彼女たちにも私に懐いていて。

とにかくとにかく楽しく一緒に暮らしているのだ。

目が覚めた後も、しばらくこの多幸感が続いていた。こんなに楽しい夢を見たのは久しぶりだ。


昨日は奇しくも、チョコの命日。チョコがこんな素敵な夢を見せてくれたのかな。
昨日は週発売されたドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume」ブルーレイの鑑賞会に行ってきました。Perfume仲間10余名が集まり、代々木上原にあるレンタルオーディオルームを借りて、皆でこの作品を観ようという趣向です。

まずは鑑賞会前に代々木上原に集まって軽く食事。いい感じにお腹も満たされたら、いざ鑑賞会にGOです。

この「Audio Garage Onpa」は個人で持っているオーディオルームを時間単位でレンタルしてくれるというシステム。リンク先を観ていただければわかると思いますが、オーディオマニアならぐっとくる設備ですよね、きっと。MAXはあまり詳しくないのでわからないんですが。それにプロジェクターのスクリーンも大きいので、画面に映るPerfumeのメンバーがほぼ等身大というねw。

sIMG_20160710_180918.jpg
とにかく映画館に匹敵する素晴らしい環境でした。そんな素晴らしいを、カーペットやソファで思い思いの格好で堪能できちゃんです。いやー、楽しかった。

しかしね、ウチも一応5.1chサラウンドシステムだし、プロジェクターもあるけど、もうね、全然違う!全然違いますよ。つうか、購入したブルーレイソフトのポテンシャルを全然引き出せてないなぁと、痛感いたしました。

ここは本当にいいです。音楽鑑賞、映画鑑賞どちらでもまた使いたいです。企画していただいたKさん、ありがとうございました!!

前篇はこちらです。
さてさて、お楽しみはまだ続きます。

【6月18日(土)】

幕張メッセ2日目!
この日は幕張メッセに14時頃着。すでにおなじみの方々の何人かは来ていますねぇ。さすがです。少しホール内などうろうろとしてからまたもFBのPefumeクラスタの会の記念撮影に参加。14時40分と16時の2回とも参加しました。

この日はスタンディング。Dブロックの3000番台というまぁ後ろのブロックの後ろよりな感じでしたので、特に焦らずに開演直前に入ればいいやと、エンタランス付近で皆さんとダラダラと過ごしておりました。前の方が狙えるなら早めに行って呼び出しを待つわけですが、ゆったりと見られればいいかなーと。で、また記念撮影なんかしたりしてね。

s13479451_691983357608795_635523099_n.jpg

あ、そうそう、テレビ朝日の小松アナが来てましたね。この人はPerfume好きを公言してて有名なんですよね。一緒にいた方が顔見知りで声を小松アナの方からかけてきて、彼を真ん中に待たしても記念撮影。なかなか貴重な写真でした。

入場してみると、それほどブロックの後ろの方というわけではなく、真ん中あたり。ステージはスタンド席よりはかなり近く、生の3人もなんとか前の人の顔の間から見られますという感じです。さすがにスタンド席よりは熱量は高く、かなり周りも盛り上がっておりました。まぁ、ライブ始まっちゃえば身体は勝手に動いていくんだけどね。

さて、この日は総勢20名ほどの人数多めのオフ会が予定されておりまして。不肖私が幹事ということで店のセッティングをいたしました。やっぱり千葉県の幕張でのライブ、千葉県在住の自分がホスト役をやらなければと言う思いがあったんです。事前に店を色々と調べて、ここは良さそうと言うところを探して、予約しまして。ライブ終了後に皆で集合してお店まで先導しました。行ったのは海浜幕張駅前の忠助という魚の美味しいお店です。

結果的には皆さんにだいぶ満足いただけたようで。幹事冥利に尽きます。海外からのファンにも好評でよかったです。いや、このオフ会は本当に楽しかった。絶えず笑い声の絶えないオフ会で、また熱くPerfume愛を語り合うことが出来たのです。ホントにうまいこといってよかったです。

で、この日は終電が早い人から三々五々と流れ解散となりました。日曜日もあるしね。

【6月19日(日)】

さて、幕張メッセ スタンディングエディション最終日です。
昨日よりも早めのスタートなので早めに家で昼食を済ませて家を出たのですが、京葉線がトラブルで運休ということで幕張本郷駅のバス乗り場が見たことがないくらいのヒトであふれかえっておりました。ちょうど駅でHさんと合流できたのでふたりでバスの列に並びますが、結構待ちましたねぇ。1時間以上か。

この日のチケットは、Mさんから譲っていただいたもの。なんとステージ直前のFブロック。それも1700番台というかなり良いポジションが期待できるチケットなのですが、バスの混雑によって入場開始の2時には間に合わず...。しかしながら、Mさんが一人分のスペースを確保してくれておりました。ホントにありがとうございます。会場内に入れたのが2時20分頃でしょうかね。それなのに前から5,6列目くらいの場所に立てました。

ここから開演の4時まで長い時間をこのままで待つというのは結構な苦行です。席があるわけではないスタンディングなので仕方ないのですが、トイレに行きたくなったり、気分が悪くなったりした場合にはその場を離れることになりますよね。この日はMさんと一緒だったので少し離れることが出来ましたが、一人で参加している場合とかは結構厳しい。ひたすら待つというのも厳しいです。

さて、場所が場所だけで、3日目にして最も激しく身体を動かす事になりました。周りがバンバン飛び跳ねるので、結局こちらも動かにゃしゃあないという感じです。53歳には結構来るものがあったけれど、そこはなんとか三姫への愛情が先に立ちまして、乗り切ることが出来ました。ステージの彼女たちの表情まではっきりとわかる距離で、ライブをたっぷりとたん王することが出来ました。まぁ、汗もたくさんかきましたし、腕も散々振り上げましたし。普段の運動不足も多少は解消され、肩こりもどっか行っちゃうくらいの仕上がりとなりました。

s2016-06-19-07-13-53-09.jpg

さて、身体を動かしてすっかりお腹も減りました。最後の夜も行ける方9名で、イオンモールの塚田農場へ。なんかこの日は口数もやや少なく、ひたすら食っておりましたね、最初は。さすがに皆疲れてエネルギー補給が必要だったのでしょう。

sIMG_20160619_212039.jpg

さて、彼女たち、5月の仙台でははっきりとは口にしなかった大きな夢を具体的に公言していました。
ドキュメンタリー映画「WE ARE Perfume」の中の大里会長とのやり取りにあったように、NYのMSG2日間公演。これを2年以内に実現すること。これが目下の彼女達の夢です。あ、夢じゃないな、実現が決して不可能ではない「目標」です。実現したら日本人初ということになるわけです。口にこうやって出すことで、後戻りが出来ないように自らを追い込み、そして我々ファンに応援を求める。はい、もちろん、出来ることは何でもやりますよ!

そして、そのMSG行けるかどうかの試金石になるのが、夏の北米ツアーですね。私はさすがに行けませんが、ここで何らかの結果を出すことが、MSGへの道に繋がるのでしょう。
来年、もしくは再来年かな、そのMSG公演には是非とも行きたいものです。Perfumeもアラサーだなぁ、その頃は...。

そしてそして、16日のライブ後にスクリーンで発表された追加公演。秋の大阪、名古屋、福岡でのドームエディション公演。これもどこかは行きますよ!またも遠征します!

COSMIC EXPLORERツアーはまだ和歌山、札幌、そして北米を残していますが、私にとってのツアー参加はここで一旦終了です。今回も素晴らしいライブでした。兎に角言えるのは、Pefumeのライブは常に最新のものが最も素晴らしいと言うことです。


今回は木曜日から日曜日まで怒濤の4日間。常にPerfume仲間と一緒にいた気がします。ライブの楽しさ、素晴らしさはもちろんですが、こうやってPerfume仲間と一緒に過ごす時間もものすごく楽しくて。これもライブとセットで、濃密な時間を過ごせたなと思っております。また、土曜日のオフ会では皆さんが喜んでくれたことが、幹事としては非常に嬉しくて嬉しくて。海の向こうから来てくれた仲間も楽しんでくれて。全くもって幸せでありました。

こんな素晴らしい時をまた、次のライブで過ごせますように。
では、次はドームで会いましょう!!!



先週後半は怒濤のPerfume weekでした。
Perfume 6th Tour 2016 「COSMIC EXPLORER」スタンディングエディション@幕張メッセ国際展示場が6月16日(木)、18日(土)、19日(日)の3日間開催。3日間とも行ってきました。

このツアーは全国7カ所15公演で行われます。最初の開催である仙台2Daysは先にブログで書いた通り既に5月のGWに参戦済み。それ以来のライブ参戦になります。

今回の幕張メッセは特別にスタンディングエディションということで、指定された席がなくブロック指定。フェス形式ですね。で、幕張のフロアを使って踊りまくろうという趣向、Perfumeメンバーのたっての願いでこのようになったとのことです。とは言え一部スタンド席も設けられており、16日はスタンド、17,18日はスタンディングでの参加となりました。スタンディングは体力的な不安もあったのですけどね..。

【6月16日(木)】

この日は有給休暇をいただき、朝から万全の体制で臨みます。

幕張には家から電車バスを乗り継いで40分ほどで着きますので、ゆるゆると出発。早めに会場についたので、仙台で買い損ねたグッズ、トートバッグを購入。で、持って行ったぐるんぐるんトートバッグと中身を入れ舞えます。トートバッグはだいぶ進化してますねぇ。かなりよい出来かと。

s2016-06-16-02-49-26-22.jpg

FacebookのPerfumeクラスタの会のおなじみイベントである集合写真撮影に参加し、まだ来ない友人達を待ちます。この日はスタンド席なのでギリギリに入れば大丈夫なのです。

無事に友人達も到着し、またまた皆で写真を撮ってからついに入場。

s13434689_691187371021727_835112633330121199_n.jpg

スタンド席はやはりステージからは遠いです。まぁ仕方ない。まず箱のスタンド席で様子見という目論見なので。ステージ全体はよく見えるのですがいかんせん遠いので臨場感みたいなものは薄いですね。内容は既に仙台で経験済みなので、よくわかってはいるんですが。初めて来た人はスタンドだとちょっとわかりにくいかな...。

ライブ内容はツアーが終わるまでのヒミツということで書けません。この日はテレビカメラが入っていないということで、いつものPTAのコーナーでは千葉にある某アミューズメント施設のキャラクターをネタにして遊びました。

夜は有志4名で、海浜幕張駅前のパブで軽く飲みます。時間が遅かったので長くはいられなかったのですが、危うく電車を逃すくらい熱く語り合いました。ま、私は結局面倒くさくなってタクシーに乗ってしまったのですが...。

【6月17日(金)】

この日は大阪から来ていたUさん、長野のKさん妻と仕事を抜け出して銀座でランチ。Uさん、Kさんとは前の晩も一緒だったのですけどね...。私が良く行っている銀座の寓でローストビーフ丼をいただきました。そこでKさん夫妻とは別れます。そしてUさんと場所を移し、隠れ家カフェでまた熱く語りあったのでした。

夜はFBパフュクラ同士と幕張ライブ中日オフ会ということで、Iさんが取ってくださった渋谷の鳥竹で宴会。このお店ずっと気になっていたのです。マークシティとか仕事で行くと目立つでしょ。そして、いただいた鳥料理と鰻、これがまたどれを食べても旨いという幸せな時間でした。しかもPerfume談義を交わしながらの宴会、最高です。私はここで帰りますが、有志はさらに新宿で二次会に繰り出したとのことでした...。

sIMG_20160617_202620.jpg

後半に続きます。

ということで、2年ぶりのツアーです。仙台は2年前のぐるんぐるんにも行ってますので、自分としても2年ぶり。
しかも今回のツアーのスタートと言うことで、いやがおうにも期待が高まります。

例によっていつものパフュクラ仲間の皆さんと5月3日のお昼に仙台で合流。
ライブ前の腹ごなしをいたします。昼からすでに飲み始める皆さん、さすがであります。

IMG_20160503_120820.jpg

会場まではシャトルバスで移動。まずは物販コーナーですよ。今回はTシャツとパンフレットをとりあえず購入。
熊本地震被災地支援募金に少しお金を入れたり。
ちょっとした展示もありまして、そんなのを眺めて。

IMG_20160503_140748.jpg

セキスイハイムスーパーアリーナにはさらに多くのお仲間が集まっておりまして、恒例の集合写真を撮ったり。
ライブ開始まで熱いPerfume談義に花が咲くわけです。

P1000466.jpg

image.jpg

さて、ライブのほうは、中身についてはSNSなどには書かない約束をあ~ちゃんとしたので、ここには書きません。
が、とにかく、ミラコーな内容であることだけは間違いありません。
期待をいい方向に裏切られました。

さてライブ後はシャトルバスで仙台駅まで戻ります。
バスが着いた東口の映画館、チネ・ラヴィータにちょっと寄り道。
ライブのMCであ~ちゃんが5月2日のオフの日にひとりで映画を観たと話していたので、これは行ってみねばというわけです。

そしてそして、有志のパフュクラの皆さんと楽しい二次会!
まぁこれがもう楽しくて楽しくてね。
なんだかもう、話しすぎの笑いすぎであっというまに12時を過ぎてました。

20160504001754_IMG_1914.jpg

ライブ2日目もパフュクラ仲間と仙台駅でランチ。
前日のMCでのっちが言っていた、ひょっとすると行ったかもしれない青葉亭さんで牛タンをいただきました。
お腹も満足したところで、会場を目指します。

やはり2日連続でライブ参戦している方が多く、今日も有志で記念写真を撮ったり、お話ししたり。開演まで気持ちを盛り上げます。

20160504151244_IMG_1970.jpg

さて、Perfumeのライブは、チケットには座席番号が印字されていません。入場時に席が決まるというシステムになっています。所謂転売防止ですね。席によっては不自然に値段をつり上げての転売がありますので。
なので、入るまでどんな席になるかわくわくもんなのです。
で、この日の席は、席番号を見てもほほう位にしか思わなかったのですが、実際に行ってみるともうそれは久々の神席。
いやー、スゴイ、初日以上に盛り上がっちゃいましたよ!
2年前の仙台ぐるんぐるんライブの際もアリーナ2列目だったのですが、それに負けぬ席。
仙台は相性がいいのかしらん。

IMG_20160504_185857.jpg

さてライブ終了後も有志で打ち上げ宴会。
これまたはしゃいで騒いでたくさん話して。大盛り上がりの楽しい宴会でしたねー。

しかしまぁ、皆さんよくお飲みになる。仙台はいいお酒があるからですかねー。
下戸の自分はノンアルコールビールでお腹がふくれましたが。
この日も12時過ぎまで宴会は続いたのでした。

IMG_2008.jpg

さて、翌日。
意外とスッキリと目が覚めたので、早々にホテルをチェックアウトし、まずは延命餅本舗に行ってみます。
前日のライブMCであ~ちゃんが、ここのお餅が旨いと絶賛していたのです。ホテルから歩いて15分くらいでした。
で、到着すると案の定、Perfumeグッズを身につけた皆さんが行列してるし。そうか、考えることは皆同じかと。

IMG_20160505_092302.jpg

残念ながら欲しかった大福は買えず、茶饅頭を購入しました。

この後は駅でお土産を色々と購入。牛タンカレーとシチューの缶詰を10缶ほど買っちゃいまして、宅急便手配。笹かまももちろん買って、こちらも宅急便で送ります。

そして、昼前にまたパフュクラ仲間と合流し、牛タンを食べに行きます。
ホテルから近い利久の一番町やなぎ町店に行きまして、牛たんづくし定食をいただきました。これもうね、やばいくらいに牛たんまみれで。牛たん焼き、ハンバーグ、ローストたん、たたき、角煮、なすはさみ揚げ、テールスープなどなど。大満足。そういや、2年前にもここに来たんでした。

IMG_20160505_115247.jpg

ここでお別れの方々を見送り、まだ時間があるので源吾茶屋に行ってみます。

IMG_20160505_130645.jpg

桜岡大神宮のすぐ脇にあるこの茶屋、これもまた前日のMCであ~ちゃんが仙台でよく行くところとして話していたところ。MCではお店の名前は言わなかったのですが、その後すぐにネットでここだという情報が流れまして。店内にはあ~ちゃんのサインだけでなく、ユーミンとか芸能人が結構来ているようでした。そして、ここにもPerfumeグッズを持った人々が。お店のおじさん、「あなたたちもPerfumeの人?今日はすごいんだよ」と話しかけてくるくらいでした。

IMG_20160505_131005.jpg

仙台に後ろ髪をたっぷりと引かれながら、仙台駅に戻り帰りの新幹線に乗り込みます。楽しい思い出をお土産に持って。

Perfumeのライブは、それはもう素晴らしいものでした。いつものことながら、常に前を越えてきます。最新のライブが最高にいいのです。まだツアーは続きます。7カ所15公演全て制覇する強者もいますけど、私は次は幕張での3日間に参戦します。

そして、何より今回も感じたのは、パフュクラさん達との交流の楽しさ。行きも帰るも別々ではありますが、何というか、大人の修学旅行的な感じですね。とにかく楽しかったのです。


そんな人たちとの出会いをくれたPerfumeに改めて感謝です。


※写真は、一部、いただいたものを加工して使わせていただきました。この場にて御礼申し上げます。



「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」Day1、「P.T.A.サミット」に参加してきました。
先んじて行われたPerfume検定テストの上位1000名だけが参加出来るこのイベント、10年前にPerfumeがメジャーデビュー報告をした思い出のライブハウス、渋谷O-WESTに検定テストを勝ち抜いた猛者達が集結しました。自分は500名×2回行われたイベントの夜の部に参加。整理番号は335だったので、総合順位670位ということですね。はー、ギリギリ。

さて、いきなりの6曲連続ノンストップで、懐かしい曲を連発です。メドレーで見た曲もありますが、スイートドーナッツ、彼氏募集中とか初めて見た曲で興奮ですよ。DVDの「Fan service Bitter」で見た時とは違って、26歳の彼女たちが今この曲を演ることで、当時とはまた違う魅力が。
それと、彼氏募集中は完全に生歌だったかと思います。これもまたレア。

MCは昔のライブみたいにダラダラとまぁ、世間話的な感じで。これがまたものすごく楽しくてね。距離感がO-WESTという狭い箱ならではの独特の感じで。一緒にそこにいておしゃべりに加わっているな錯覚さえ覚えます。

昔は自分達の楽屋はずっと上のO-NESTのさらに上で、ステージに一番近いいい楽屋は某巨乳グラビアプロダクションさんが使っていたのに、今日は楽屋を全部使ってる!とか。
昼の部と夜の部の間、スタッフとステージで車座になっておしゃべりして、あ~ちゃんはその真ん中に寝てた。まるで、生け贄のようになってた!とか。
昔のライブでやってた、頑張って踊ってくれた人へ、サイン入りの百均で買ったシールプレゼントをやってくれて、「シールがファンシーだけど、私たち26,7歳です!(キリッ)」byあ~ちゃん、とか。
のっちが昔使ってたMCネタ帳が出てきて、まさにメジャーデビュー発表の時の台本をその場で読んでみる、とか。
会場に来ている猛者は皆「ぱふゅーむ」か「ぱーふゅん」なのに、あ~ちゃんだけが「ぱふゅ」だったことを打ち明けた会場の反応に対して、のっちが「あ~ちゃんを鼻で笑うな!」と叱ったり、とか。
最後の締めの挨拶で、かしゆかがめずらしく涙ぐんだり、とか。

とにかくね、多幸感あふれる素晴らしいライブだったのですよ。
ガチガチに作りこまれた最近のドームとかアリーナとかのライブとは対極を成す自由度。これはPerfumeの魅力の原点かもしれません。
自分が初めて行ったライブ、GAMEツアーの最終日の、あのDVDにも収録されているサプライズでサイリウムを振ったあのライブ。MCが長かった頃を思い出しました。

セットリストはもう公開されているので、以下ににコピペ。
驚くべき事に、一番新しい曲が「ポリリズム」なのです。

SET LIST
M01 コンピュータードライビング
M02 おいしいレシピ
M03 スウィートドーナッツ
M04 ファンデーション
M05 カウンターアトラクション
M06 彼氏募集中
-MC-
M07 リニアモーターガール
M08 ポリリズム
「P.T.A.」のコーナー
M09 チョコレイト・ディスコ
M10 wonder2


これがDay1の参加者だけに配布されたステッカーです。

unnamed (3).jpg


さて、「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」はまだまだ続きます。


さて、Perfume 5th Tour 2014 「ぐるんぐるん」、行ってきました。
今回参戦したのは、
9/13(土) @宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
9/17(水) @国立代々木競技場第一体育館
9/20(土) @国立代々木競技場第一体育館
9/21(日) @国立代々木競技場第一体育館
の4公演です。

代々木の4日間のうち、当初は初日しかチケットがなかったのですが、色々とひょんな事から土日のチケットもさるお方のおかげで入手できました。ありがとうございました>さるお方。
結果から言うと、この土日のチケットは取っておいてホントによかった...。

【9/13(土) @宮城セキスイハイムスーパーアリーナ】

宮城については、先のエントリーにも上げているように、とても楽しい仙台行となりました。
席がね、アリーナ2列51番という。前から2列目のほぼ真ん中。センター花道から3席目。とにかくあ~ちゃんが近い!終始近い!もうさ、目が合ったような合わないような、でした。隣の女の子、ステージの白幕が落ちたとたんに号泣してたもんね。だってあの丸いお立ち台がすぐ目の前。そこであの3人が「Cling Cling」を歌い踊っているんだから。おじさんももらい泣きしそうだったよ、ホントに。
アンコールは「wonder2」。これは久しぶりだったなぁ。いつ以来でしょう。武道館かなぁ。
夜のオフ会も楽しくてね。仙台は叫んで踊って笑って食べてという、ね。

セットリストは、アンコール以外は全て同じでした。
シングル「Cling Cling」のツアーなので曲は以前の曲が多くなります。
「SEVENTH HEAVEN」とか「I still love U」とか。「エレクトロ・ワールド」は鉄板。個人的には「Handy Man」が好きなので、「Cling Cling」から「Handy Man」へのオープニングのコンボにいきなりやられましたねぇ。あー、あと「セラミックガール」も大好きです。
Hold Your Hand」をラストに持ってくるのもいい。「まだまだこの手で掴みたい。夢もチャンスも、そしてあなたも」ってね、あ~ちゃんに言われたらさ、そりゃもうおじさんはメロメロですよ。

【9/17(水) @国立代々木競技場第一体育館】

さて、9月17日、代々木の初日。

IMG_3248 (420x420).jpg
例によって、FacebookのPerfumeクラスタの会の皆さんとお会いし、記念撮影。
さて、代々木と言えば2009年の「ディスコ!ディスコ!ディスコ!」。このときはひとりで参戦だったなぁと思い出しつつ行ってみます。
どうやら、彼女たちはこのライブがトラウマらしく、代々木は敢えて避けてきたと。ツアーパンフのインタビューにも出てましたが、当日もそんなMCから始まり。なので、チーム分けは、「こ」「う」「かい」ふっしょくー!という。
平日だったこともあるし、全体的にちょいとおとなしめだったような印象委は拭えません。次の日はあ~ちゃんが最初のMCで泣いたらしく。盛り上げられなかった自分も責任を感じたりしまして。もちろん、ひとりじゃどうにもならんのだけどねぇ。

アンコールは、予想外の後方ステージ出現。JPNツアーのさいたまスーパーアリーナの時と同様です。かけっこでステージに戻るのも同じですね。後方ステージでは、これまたひさしぶりの「コンピュータードライビング」。揺れてー!を久々に聞いたけど。これはディスコ!ディスコ!ディスコ!の幻のメドレー以来かしらん。〆は「PUPPY LOVE」。いい曲ですナァ、この曲は。好きなんですよね。
この日の席はスタンド1階Aブロック1列目3番。つまり1階でステージから一番遠い席から3番目の一番前の列。これね、意外とよかった。スタンドの手すりに乗り出すように、会場全体を俯瞰できるので。ゆったりとライブを楽しむことができましたね。

【9/20(土) @国立代々木競技場第一体育館】

9月20日、代々木3日目。
代々木に行く前に、渋谷のタワーレコードに寄りました。
9/21のPerfumeメジャーデビュー10周年を記念して、店頭イベントやってましてね。
ここで貴重なメジャーデビュー曲「リニアモーターガール」の衣装が展示されてました。

IMG_0007 (315x420).jpg
これは貴重。だって、この曲はやらないんだもん、ライブでは。と思いきや...

この日はのっちの誕生日と言うことで、開演前から代々木周辺がざわざわしてる印象でしたです。
またも、FacebookのPerfumeクラスタの会の皆さんとお会いし、記念撮影。
この日の席は、アリーナB1ブロック。関係者席のすぐ下の辺りでした。センターステージがやや近めなので、仙台では見にくかったところが補完できてよかったなと。
で、のっち誕生日です。26歳かぁ。いい女になったよね、ホントに。会場の客をろうそくに見立てて、それを吹き消すというお祝いが、一緒にできました。そんなのっち、やはり持ってます。まさかのリフターのアクシデントで、ライブがいったん止まりました。衣装替えの後の「エレクトロ・ワールド」、かっこよくせり上がる予定がリフターが上がらず。しかもあせったのっちがひとりだけ、自分で奈落から這い出て花道に上がってしまい、慌てて戻るというね。これ、照明が落ちてたので見えない人がほとんどだと思うけど、自分の席はセンターステージ近めだったので、その辺ののっちの慌ててる感がよくわかりました。しかし、そんなトラブルもMCで巻き返して通常進行に戻していくあ~ちゃん、すごいわ。

アンコールは、後方ステージで「ポリリズム」。このツアーではセットリストから敢えて抜いてたんだろうねぇ。これをやらないってフェスとかではあるけど、これまでの単独ライブではあったかな、よく覚えてません。そして、〆は宮城と同じ「wonder2」でした。「wonder2」は生歌だよねぇ。いいよね、この曲。聞くとなんだかもの哀しくなる。これでライブがお終いというイメージが強いんだろうけど。胸キュン系の曲です。

【9/21(日) @国立代々木競技場第一体育館】

そして千秋楽の代々木4日目。
そして、メジャーデビュー10周年目突入の記念すべき日。タワーレコード各店では、オリジナルポストカードの配布だったり、3人からのメッセージボードが掲示されたり。HMVはPerfume News号外版の配布という、全国でこのメモリアル
なんだか、この日は人が多かった。代々木第一体育館のキャパシティは変わらないはずなのに、すごい人だった。コスプレさんがいたりフリコピさんがいたり。こういうのって、他のアーティストやアイドルのライブでは見かけない光景なんだろうね。アイドルって、ももクロに一度行ったことがあるだけだからよくわからんです。

さてライブは最初から客席の熱気があり、いい感じに盛り上がってように思います。
この日の席は、アリーナDブロックながら、2列目のセンターから2番目。これはなかなかの両席。オペレーション席、いわゆるPC教室のすぐ隣で、MIKIKO先生のお仕事ぶりもちゃんと見られました。ライブ開始直前には、すぐ前を通っていきましたので。変わらず素敵ですナァ、MIKIKO先生も。
これまでで最高の盛り上がり方で、ライブはドンドン進んでいきます。「Hold Your Hand」が終わりいったん会場は暗転。そしてアンコール。この日の席、実はアンコールの後方ステージのすぐ後ろでした。3人が近い。ステージに上がる時は同じフロアなので、目線の高さも一緒だし。宮城のアリーナ2列目よりも近かった!
そして、アンコールはまさかの「リニアモーターガール」。くしくも前日に渋谷のタワレコで衣装を見てるんです。その「リニアモーターガール」でデビューして10周年に突入ということ。これまでPerfumeのライブは2008年以降20数回行きましたが、初めてです、生で観たのは。これは本当にすごいことで。いちにとさん、ハイ!!の声掛け、初めてしちゃったもんねぇ。
さて、後方のステージからメインステージに戻るのはまたもかけっこということなんですが、3人がかけっこのためにステージから降りてきた時、あ~ちゃんがほんとにもうすぐ目の前にいたんですよ。「あ~ちゃん!」と声かけたら、こちらを観てニッコリしてくれて...。その笑顔が頭から離れず...。実は翌日会社で仕事が全く手に着かなかったくらい。かしゆかもすぐ横にいて、まぁ眼福と言いますか。とにかくあ~ちゃんと視線を合わせたことはもう大きな思い出になりました。

ステージに戻ってからさらに2曲。これもホントに久しぶりの「Perfume」。あの手振りもやりましたさ、そりゃ。で、〆は「願い」。
その後暗転し、ステージに上げられたモニターと、ステージ上の大スクリーンに流された映像。それは、Perfumeの10年間の歩みをまとめたものでした。スタッフがメンバーに内緒でサプライズとして用意した企画。そして、その企画に、我々観客も参加する時が来ました。
スクリーンに表示された合図と共に、皆が着席して、用意されていた紅白のパネルを掲げると、それは代々木体育館の観客席に人文字を作り出すことに。「10年目!! THANKS!! We Love Perfume 9月21日 2005→2014」。

pf.jpg
※写真はデイリースポーツさんのサイトから拝借しました

3人とも号泣。3人があんなに泣いているのは観たことない。まぁ泣くわな。3人だけじゃなく、観客も泣いてたし。そういう自分も落涙が...。

自分が初めてPerfumeのライブに行ったのは、2006年のGAMEツアー追加公演最終日@横浜Blitz。DVDにも納められている、あのサイリウムのサプライズのライブ。3人に向かってサイリウムを振り、あの経験でPerfuemのライブにハマリ、通うようになったのです。この日の代々木は、あの初めて観たGAMEツアーを思い起こさせてくれましたねぇ。初心、というかね、そんなものを。

最後はカッコよく去ろうと思っていたというあ~ちゃん、結局はぐだぐだになってしまったと言ってたけれど、だがそこがいいのであって。それがPerfumeの魅力なのだよと。そう思います。今は報われないことがあっても、一生懸命にやっていれば、きっといつかは誰かが見ていてくれる、自分を信じて、という言葉は、なんだかいつも以上に胸に響いたなぁ...。

IMG_0001 (420x315).jpg
facebook繋がりの皆さんとの二次会も、前日に引き続き楽しかった!!



翌日のテレビのワイドショー、スポーツ紙、ニュースサイトでも、このライブの模様は大きく取り上げられて。これまでで恐らく最高のライブだったのではないかと。まさにPerfumeの歴史に残るライブだったのではないかと思いますね。とにかく楽しかったです。

それと、facebook Perfumeクラスタの会の皆さんとたくさんお話したり飲み会行ったり、そりゃあもうこれまた楽しくてね。

自作ステッカーも4公演で追加で作ったのもあわせて60枚くらい用意したんだけれど、今残りがこれだけと。いう感じでございます。一枚一枚手作りしたので、ぜひ貼って欲しいなぁと思ったり、また次のライブがあったら、喜んでいただけるのなら、また新たなデザイン起こそうかなと思ったりしてます。

10710785_695070467245706_9216756105973897354_n.jpg
Perfumeを通じて、多くの人と出会えたのが、これまた大きな思い出になりました。

ちょっと今が気が抜けてますが、3人から元気をもらったんで、色々と頑張っていかなきゃ行けませんな!

IMG_3274 (420x315).jpg

------------------------------------------------
PS.
一応、セットリストなど。

Cling Cling
Handy Man
ClockWork 
レーザービーム(Album-mix)

いじわるなハロー
I still love U
恋は前傾姿勢

エレクトロ・ワールド
DISPLAY
SEVENTH HEAVEN

※P.T.A.のコーナー

Party Maker
GLITTER
セラミックガール
ジェニーはご機嫌ななめ
チョコレイトディスコ
Hold Your Hand

[アンコール]

(宮城)
wonder2 

(代々木初日)
コンピュータードライビング
PUPPY LOVE

(代々木3日目)
ポリリズム
wonder2

(代々木4日目)
リニアモーターガール
Perfume
願い



少し遅くなりましたが、レポートでも。東京ドーム篇です。

24日は、1階三塁側。ステージからは遠いのですが、ほぼ正面に近く、全体的な演出を観られてよかったです。
セットリストは、大阪と同じ(ですよね)ながら、MCの楽しさにまたもやられました。かしゆかの誕生日を祝ってハッピーバースディを皆で歌ったのは良い思い出になりますな。と、かしゆかが猫を飼い始めたというのもいい情報。猫好きにはたまらないトピックスでありました。
PTAのコーナー、京セラドームでのサンタ、トナカイに加えて雪だるまが追加されて。まぁ、これは楽しいわけです。ちょっと照れが入っちゃうんだけどね、最初は。けど、まぁだんだんやってるうちに楽しくなってくるしね。さすがです、あ~ちゃん。
前回の東京ドームと違って、自信を持ってライブに臨んでるなーという雰囲気は感じ取ってましたが、自ら「Perfumeは強くなりました!」と笑顔でいうあ~ちゃんに力をもらったような気がします。

25日は、アリーナA3ブロック。オープニングの登場では、かしゆかからほんの10mほどの位置でした。まぁステージは真横なので、全体は見えないのですけど、すでに2回参戦してるのでOK。
さらに、夢のカーで廻るときには、ほんの数メートルの近さ。三人が手を伸ばせば届きそうな、そんな距離で。そんな距離であ~ちゃんの笑顔を観ちゃっんで、気を失いそうでしたよ(笑)。それと、このカーのおかげで、「ジェニーはご機嫌ななめ」がフルバージョンでしたね。いや、エキスパンドバージョンか。なんだ、できるんじゃん、長いの。普段のライブも長いバージョンでぜひ!なんつっても30数年前、ジューシー・フルーツのライブでオリジナル観てるからねー。好きなんだよねー。
さて、前日は強くなった宣言もあり、終始笑顔のあ~ちゃんでしたが、この日はドームツアーライブ最終日ということもあったのか、涙を流してました。かつて小さな箱でクリスマスライブを演った彼女たちが、クリスマスに東京ドームをブッキングし、さらに四万五千人×2日という超満員のライブを実現させるとは思わなかったのでしょうね。いや、でも、信念はあったのでしょう。そんな涙だったのかも。そしてかしゆかも泣いていました。前回の東京ドーム、体調も悪く完璧ではなかったと、ラジオで泣いていた彼女。思うところあったのでしょう。

最後の「MY COLOR」の後、いつものアンコールという形ではなく突然に、このドームツアーを締めくくるのにふさわしい「Dream Land」のパフォーマンスが始まります。夢の国に我々を誘ってくれた彼女たち。天使の姿に戻って、また夢の国に戻っていきました。心に余韻の残る素晴らしい演出。ライブが夢の時間であったことを、改めて実感しますね。

今回のドームツアーは、本当に洗練されたライブだなぁと思った次第。あ、もちろん、いつのMCとかPTAのコーナーはあるので、そこでちゃんとバランスがとれているのだけど。完成形に近いライブだったなぁと思いましたね。

あ、もちろんこれが最終形ではなく、さらにまた我々をびっくりさせてくれることと、期待してます。

IMG_22911.JPG
セットリスト

1. Enter the Sphere
2. Spring of Life
3. Magic of Love
4. 1mm
5. Clockwork
6. ポイント
7. ふりかえるといるよ
8. Sleeping Beauty
9. Party Maker
10. Spending all my time
11. コンピューターシティ
12. エレクトロ・ワールド
13. ジェニーはご機嫌ななめ
14. ワンルーム・ディスコ
15. 未来のミュージアム
16. だいじょばない
17. ポリリズム
18. チョコレイト・ディスコ
19. MY COLOR 

20. Dream Land


待ちに待った久々のワンマンライブ。新アルバム「LEVEL3」をひっさげてのドームツアー。東京ドームを待ちきれず、大阪まで遠征しちゃいました。

もちろん。遠征した価値は充分にあった!まだ24,25日の東京ドームが終わってないので、ネタバレ的な事はまだ書きませんけど。素晴らしいパフォーマンス。Perfumeのライブは、どんどん洗練されていくなぁと。綺麗にまとまっている感が、印象としては強いです。人によっては物足りないと感じるかもしれないけれど、これくらいがいいんですよ、きっと。カツ丼を2杯も食べられないですから。
本当に期待を裏切らない、というか色んな意味でこちらを裏切ってくれる楽しい時間。あっという間に終わってしまいました。だからまた行きたくなる、やみつきになる、それがPerfumeのライブなんだなぁと、改めて思ったりしたわけです。

さて、この後24日、25日の2日間東京ドーム行きますよ。こちらではどう変えてくるのか、いや変えてこないのか?とにかくまだだお楽しみは終わらないのだ!



さて、Perfume初の夜のライブです。夜フェス参加は初めてということで、大人チックな感じになるのかしらんとか、思ったりして。とはいえ、メインのMOUNTAIN STAGEのトップバッター、22時30分スタート。まぁこれはあれだな、終電ぎりぎりで帰れるという配慮もアリだろうなぁ。
ライブのほうはフェス仕様ではありますが、約40分。少し長めだったかも。前週末のロッキンジャパンの大トリで6万人を前にパフォーマンスした疲れなど感じさせず、いつも通りの3人でした。あ~ちゃん的にはソニマニの「匂い」が気になるようで。そんないつものほわっとしたMCを夜遅くに生で聞くのも、いつもとは違うパターンで新鮮でしたね。セットリストのほうも、少し意識してHurly Burlyなんかが若干変化球気味だったかな。

M01 Magic of Love
M02 Hurly Burly
M03 Spending all my time
M04 ポリリズム
-MC-
M05 Spring of Life
M06 だいじょばない
「P.T.A.」コーナー
M07 チョコレイト・ディスコ

Perfume後は、電気グルーブ、STEVE AOKIなんかを観て帰ろました。オールナイトはなかなかしんどかったけど、楽しかったねぇ。今回、チケットをプラチナアップグレードにしたので、各ライブもステージ前の特設コーナーで余裕をもって観られたし、プラチナラウンジではソファもあって、のんびりできたのがよかった。まぁ、それなりに高いけど、オールナイトなら楽なほうを取りますな、多少高くても。

リアルタイムのライブビューイングに行ってきました。朝4時から開始。会場は、TOHOシネマズ六本木です。

まず、オープニングはSAMT。先日のカンヌライオンズで披露したあのフロントプロジェクションと3Dマッピングのバージョン。これはやはり素晴らしいアートです。特に、カンヌのYouTubeと違って、映画館の大スクリーンで見るとさらに素晴らしい。堪能しました。やっぱりこういうのって、外国受けいいよね。

「だいじょばない」は先日の斉藤和義さんとの対バンライブが初見だったんだけど、これもZEPPで見るよりは、ライブビューイングのほうが見やすいわけで、改めて振り付けの可愛さに心打ち抜かれましたよ。

3人はちゃんと英語を織り交ぜながらMCやり、PTAのコーナーもちゃんとこなして。つうか、ロンドン超満員かつ超ノリがよくてビックリしました。Perfume、やっぱりすごいよね。日本の宝ですよ、もう。

ライブとしては1時間30分位かなー。大画面でのライブ鑑賞を堪能。というより、参加感ありあり。まぁこちらもずっと立って、普通にライブ見るのとほぼ同じノリだったからなぁ。

セットリストは以下の通り。

1.Spending all my time
2.Magic of Love
3.レーザービーム
4.ポリリズム
5.Spring of Life
6.SEVENTH HEAVEN
7.スパイス
8だいじょばない
9.エレクトロ・ワールド

P.T.A.のコーナー

10.FAKE IT
11.Dream Fighter
12.チョコレイト・ディスコ
13.MY COLOR

 アンコール ※ねぇ/GLITTER/love the worldの中から会場の拍手で選曲。
14.GLITTER


あ、衣装替えの時のHandy Manのインストと画像が、めちゃめちゃ格好良かった。あれ、ちゃんとDVDに入れて欲しいや。
さて、行きたかったけどチケット外れまくりだった「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」、さる方のご厚意により行ってまいりました。東京は、Zepp DiverCityにて。斉藤和義さんとの対バンです。

ネタバレ多いので、ちょっと行を開けましょう。

IMG_000491.jpg





斉藤和義のライブは初めて観たけど、想像以上にいいですなぁ。ロックだよね。力がいい感じに抜けているロック。だから、気持ちよくノれる。でね、MCがこんなに面白いとは思わなかった。ボソボソとあの感じで繰り出すセクハラネタに大爆笑。「皆さんは、あ〜ちゃんとか、かしゆか、のっちとかって、好きなメンバーがいるんでしょ。俺は正直ヤレるならだれでもいい!」と言い切ってたり。「Tシャツにスウェット姿でリハーサルしてる3人を見てたら、ムラムラしてきちゃった」とか。アンコールであ~ちゃんに、「衣装の下は...何も着てないの?」。あ~ちゃん「4枚も着込んでます!」とかとか。愛のあるセクハラだし、Perfumeも楽しんでた。

で、Perfumeパート。こちらは、さすがにホーム試合という感じでね。鉄板曲を繰り出すわけですよ。一曲目から「Magic of Love」で、こちらが何を欲しがってるのかがよくわかってらっしゃる。でね、久々に「SEVENTH HEAVEN」なんて演られちゃうと、もうクラクラしちゃうよね。そして、初披露の「だいじょばない」。こういう意表を突いたセットリストぶつけてくるところがさすがです。PTAのコーナーもいつもの通り。ラストはやはりこの曲、「MY COLOR」です。

さて、素晴らしかったのはアンコール。対バンというからにはセッションしないとね。もう、あ~ちゃんのテンションが異常に高かった。ほんっとに楽しんだなと。斉藤さんのセクハラトークも面白くてしょうが無いみたいで、あのひき笑いが止まらず。こちらにもその楽しさが伝わって来ました。
アンコール1曲目は、斉藤さんがインストバージョンを好きだという「ナチュラルに恋して」。これを斉藤さんのバックバンド演奏のロックバージョンで。4人で歌いましたよと。Perfumeの生歌、ライブで初めて聴いた。スゴイ。素晴らしい!そして、アンコール2曲目は、あの名曲「歩いて帰ろう」。これも4人で歌った。というか、バックスクリーンに歌詞が映し出されて、会場の全員で合唱。いやーーー、よかったよ、これ。

セットリストは、こちら。

1.Magic Of Love
2.レーザービーム
3.Spending all my time
4.ねぇ
5.SEVENTH HEAVEN
6.マカロニ
7.スパイス
8.だいじょばない
9.Spring Of Life
(PTAのコーナー)
10.チョコレイト・ディスコ
11.MY COLOR

(アンコール)
1.ナチュラルに恋して
2.歩いて帰ろう 


こういうライブも楽しい。本当に良かった。良かったとした言いようがない。楽しいライブでした。
こうなると、名古屋、大阪の内容も気になるね...。

5月26日(日)、TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 、通称METROCKに参戦してきました。こういう都市型フェスっていいですねぇ。行くのが楽です。

で、我がPerfumeは例によって人気が高く、ステージ前にはだいぶ前から人が集まっておりました。まぁもっしゅもキツイし、前の方で観ようとは思わないので、中盤からさらにやや後ろ辺りに陣取っておりました。相変わらずのあ~ちゃんの盛り上げ方、フェスには欠かせないグループですなぁ。観客ノリノリに持ってってくれます。まぁ40分という短い持ち時間でここまでノセちゃうんだから、やっぱりスゴイ。鉄板です。安定してます。
さて今回の目玉は、「Magic of Love」のライブでの初披露です。フルバージョンの振りはこれが初公開。あ~ちゃんも「あーーーー!!!緊張する-!!!」と叫んでおりました。
のっち的には、このステージで一番主張したかったことは、「衣装の生地の発色の良さ」だったとのことです。相変わらずだな、この人...。

さて、セットリストは以下の通り。

1 Spending all my time
2 Spring of Life
3 ワンルーム・ディスコ
4 Magic of Love
P.T.A.のコーナー
5 FAKE IT
6 エレクトロ・ワールド
7 チョコレイト・ディスコ(2012-mix)

なーんと、エレワが!フェスでやるとは!


さて、この後、BABYMETAL、電気グルーヴなんか観て帰りました。楽しい一日でございました。

IMG_000479.jpg

71T0INvVGPL.jpg
あ~ちゃんもテレビで言ったいたけれど、まさにドPerfumeな曲ですな、久々に。SAMTとか未来のミュージアムとか、ちょっと既存のPerfume路線から外れるというか、振り幅を広げる曲が続いていたので、これはとても安心して聞ける。鬼キャッチーだし。サビは覚えやすく残りやすいので、ヒットしますわな。また歌詞はもちろんのこと、アートワークもPVも含めて、いかにも女子力高いという印象。なんか安心したよ、Perfume。フルバージョンをライブで観たいものだわ。
カップリングのHandy Manもダンサブルで、彼女らのダンスが目に浮かぶ曲。こちらも早くライブで振り付けありで観てみたいです。
昨日、3月2日(土)は、幕張メッセで開催された「U-EXPRESS LIVE 2013」に参戦してきました。ユニバーサルミュージックに所属するアーティストのフェスということで、Perfumeは移籍したばかりで初登場です。しかしね、このフェスってそういう切り口なんで、参加アーティストのファン層がバラバラ。それはそれで面白いという見方も出来るけど。結局自分はPerfume観た後、さらっとKARA観て離脱しちゃいました。
さて、Perfumeにとっては今年の初ライブ。しかも新曲出したばかり。初参加のフェスで、アウェー感出しながらのMCだったけど、実際はかなりのホーム試合だったと思うなぁ、あの盛り上がりは。もちろん、初めて観た人はぜひPerfumeのファンになって欲しいなと。
残念ながら「未来のミュージアム」がTVバージョン。もしかして、MIKIKO先生まだ振りをフルで考えてないとか?

セットリストは、以下の通り。

SE OPENING
M01 Spending all my time
M02 Spring of Life
-MC-
M03 未来のミュージアム
M04 ねぇ
P.T.A.のコーナー
M05 FAKE IT
M06 チョコレイト・ディスコ(2012-Mix)

オープニングのあのグローバルサイトのダンスは、フェスの定番になるんかしら?
それと、ポリリズムをやらなかったのがちょいと気になったけど。ユニバーサルで新たなスタートって事なんですかね。

71KxvF5IhYL.jpg
正しい子供向けアニメ映画の主題歌、ですよ。ドラえもんだからねー。国民的キャラクターだもん。Perfumeの振れ幅の大きさというよりも中田ヤスタカの器用さがすごいなぁと思う。ちゃんとこういうタイアップも無難にこなすもんね。それでいてちゃんとキャッチーな曲に仕上げてくるからなぁ。さすがです。さて、曲はそういうトーンではあるけど、アートワークとかPVとか、さらには特設Webサイトとか。そういうところで、ちゃんとPerfumeらしい部分は強調してるんで、持ってかれてないって気がします。
それと、カップリングの「だいじょばない」が全然大丈夫じゃないでしょう(笑)。きちんとバランス取ってくるなぁ、中田ヤスタカ。これはね、早くライブで観たい。どんなパフォーマンスをしてくれるのかが非常に楽しみな一曲です。
さて、さすがにシンガポールまでは足を運べませんでしたが、ライブビューイングに行ってきました。なんでも日本全国で3万人くらいの人が、このライブビューイング観たらしい。いやいや、すごいですなぁ。東京ドームと同じくらい。

画面からはシンガポールでの盛り上がりが直接伝わってきて、そのライブに参加しているような感覚になりました。とても楽しかった。海外に進出しても、いつものライブのスタイルを敢えて全く変えることなく、しかも言葉の壁も何なく超越して、オーディエンスとの一体感を生み出しちゃうあの3人のパワーには驚かされます。
やっぱりあのくらいの規模の箱でやった方が、Perfume本来の魅力が伝わりやすいかな。セットもシンプルで。それでいて、カッコよくて。

あ~ちゃんが涙ながらに語ったレコード会社移籍の話もよかったし。そして、特別ゲストのドラえもんに驚かされたし。ホント、楽しかった。

セットリストも、最近あんまりやってない曲と、新しい曲を上手いことミックスして、バランスよい構成でした。

今後は、国内ライブでもチケット取れないというケースがどんどん多くなると思うので、場合によってはこういう観せ方もありじゃないかな、なんてこと思いました。

[セットリスト]
1. NIGHT FLIGHT
2. コンピューターシティ
3. エレクトロ・ワールド
4. レーザービーム
5. Spending all my time
6. love the world 
(Butterfly)
7. edge
8. シークレットシークレット
9. Dream Fighter 
P.T.A.のコーナー
10. FAKE IT
11. ねぇ
12. チョコレイト・ディスコ(2012-mix)
13. ポリリズム
-アンコール-
14. Spring Of Life
15. 心のスポーツ
ドラえもんのコーナー
16. MY COLOR
20120719-SAMT_syokai.jpg
全くもってPerfumeらしくない、いや、やっぱりPerfumeだ。「Spending all my time」を聴いてみて、正反対の印象を同時に持った。何をやろうとPerfumeの軸はぶれてはいない。これもまた、Perfume。「ポイント」、「Hurly Burly」は既にCMで流れており、またこれまでのPerfumeの安定した世界観を維持しているのだが、敢えてこの「Spending all my time」をA面に持ってくるのは、やはり意味がある。常に攻めているPerfumeだからこそ出来ること。アジアツアーを控えて、この曲を出してきたこと。テクノの原点に帰るような、DAFT PUNKなんかを個人的には思い浮かべたのだが、そういう攻めの姿勢が楽しい。
で、この曲でこのPVというのも、意表を突くというか...。無機的な感情をあまり出さないのはテクノっぽいが、ちょっとレトロな衣装に合わせてくるのはさすが。
いい意味で期待を裏切られた今回のシングル。Perfumeは進化し続けるのだろう。
追加公演日本武道館4DAYSの3日目に参戦。

IMG_1437.JPG
IMG_1439.JPG

JPNツアーは4回目となりましたが、うん、何度行ってもいい、何だろうこの多幸感は。
それはやはり、彼女たちの真摯な気持ちがこちらに伝わるから、なのかな。その場を素晴らしいものにしたい。自分達のパフォーマンスを通じて、多くのものをオーディエンスに伝えたい。そういう気持ちが伝わってくるんだよね。だから、何度行ってもいいのだよ。行けば行くほど、そのパワーがこちらに伝わってくる。そんなライブ。

今回は、トークのテンションがはなっから高かったり、途中でマイク落としたり、観客にジャンプを強要したり、珍しく最後は泣いていたり、といったのっちの活躍が目立ちましたが、もちろん、かしゆかは盤石なスタンスであったり、あ~ちゃんの天使っぷりはもちろんいつも通りで、MCではおおいに笑わせてもらいました。特にヤスタカネタが...面白かったね。

新曲の「コミュニケーション」と「Spring of Life」、フルで観られたのは良かった。特にね、SoLは衣装の電飾ありで!テレビでは光ってなかったけど、ステージでPVのあのイメージを再現してくれたのは嬉しかったねー。最高でした。

途中で、ふくらはぎが攣るくらい、たっぷりと身体を動かしました。楽しかった。

次は何をやってくれるのか、ホントに楽しみです。

<セットリスト>
1.The Opening
2.レーザービーム (Album-mix)
3.VOICE
4.エレクトロ・ワールド
5.ワンルーム・ディスコ
6.Have a Stroll
7.時の針
8.微かなカオリ
9.スパイス
10.GLITTER (Album-mix)
11.メドレー
 シークレットシークレット
 不自然なガール
 Take me Take me
 Baby cruising Love
 575
 I still love U
 love the world
 シークレットシークレット
12.コミュニケーション
13.ポリリズム
14.P.T.A.のコーナー
15.FAKE IT
16.ねぇ
17.ジェニーはご機嫌ななめ
18.チョコレイト・ディスコ
19.MY COLOR
-----------------
20.Spring of Life
21.心のスポーツ

ついに静岡まで遠征してしまいました。

行こうかどうしようか、ずっと迷っていたんだけどね。同行してくれるナイスな人物も現れて、もう一泊で行こうかと決めた矢先、送られてきたチケットの席は、なんとアリーナ3列!
ええ、もうネ申席でしたよ、マジで。ステージから3列目。ほんの数メートル先に、ウチの娘3人がいる!しかも花道からもめちゃ近い。サブステージも近い!最高でした。ホントに最高でした。さいたまスーパーアリーナなんかに比べるとそりゃ小さい器なんだけど、むしろ会場とステージの距離感とか音響とか考えると、このくらいの方がいいのかななんて思ったりもして。今後の参戦は、こういうのもアリかと。

セットリストはさいたまスーパーアリーナの時と変わらず。でも、あ~ちゃんのMCは面白かった。とある「事件」について語っておりましたが...内容は約束なのでここには書かない。終演時、はけるときにあ~ちゃんが、「今日のことはあ~ちゃんとの秘密だよ」って言って消えていったので(笑)。

いやー、充実したライブでした。次は、武道館!
てなわけで、1週間も経ってしまいましたが。今更ながら感想など。

あの東京ドームでのライブから1年以上が経ち。Perfumeはどう変わったのか。いや、変わってないのか。間に震災があり、そしてアルバム「JPN」をひっさげてのツアー。

結論から言うと、大きく変わった、そして何も変わっていない。

上質のパフォーマンスを、最大限の努力を持って提供しようという彼女たち、そしてスタッフ達の努力が、さいたまスーパーアリーナで完璧に結実していた。それは観客全員とステージの3人のシンクロに繋がり、多くのモノを3時間の間に共有できた。そんな気持ちにさえなってしまう、充実した時だった。

セットリストは、アルバム「JPN」ツアーだけに、アルバム曲を中心に構成されており、これまでのライブとは違うところも多々ある。しかし、鉄板のジェニーやポリ、チョコあたりは外せない。アンコール後、ラストの曲が「心のスポーツ」だったのはとても嬉しかった。「JPN」の中では、個人的には一番のお気に入りだし、しみじみと終わるよりも、爽やかで後味が良いね。「Perfume」を演らなかったのは、ちょっと意外だったが。

今回の2日間で特に強く思ったのは、人に何かを伝えるには、話がうまい、下手、ではなく、それを伝えたいという気持ちが伝わるのかどうか、ということだ。ご存じの通り、あ~ちゃんは決して話がうまいわけではない。それが為に、テレビでの出演で、未だに天然などと称されることがある。そうではなくて、気持ちが先に出すぎて、うまく言葉にできないのだ。しかし、ライブであ~ちゃんが話をすると、観客は水を打ったようにシーンとなり、懸命にその話を聞こうとする。28日のMCで、昨年は大変な思いをした人が沢山いた、でも、そういった人たちが少しでも笑顔になれるように頑張りたいと、話していたとき。29日のアンコール直後の「Drean Fighter」で、終始泣いた後のMCのとき。それを強く感じた。

そんな彼女らに、親子ほど年の離れた彼女らに、また何かを教えられたような気がしたものである。

そして、恒例の告知。JPNツアー、追加公演。なんと、武道館4DAYS。さらには沖縄での野外打ち上げライブ。今年も攻めてるなぁ。武道館は絶対に行く!

<セットリスト>
1.The Opening
2.レーザービーム (Album-mix)
3.VOICE
4.エレクトロ・ワールド
5.ワンルーム・ディスコ
6.Have a Stroll
7.時の針
8.微かなカオリ
9.スパイス
10.GLITTER (Album-mix)
11.メドレー
 シークレットシークレット
 不自然なガール
 Take me Take me
 Baby cruising Love
 575
 love the world
 I still love U
 シークレットシークレット
12.ポリリズム
13.P.T.A.のコーナー
14.FAKE IT
15.ねぇ
16.ジェニーはご機嫌ななめ
17.チョコレイト・ディスコ
18.MY COLOR
-----------------
19.Dream Fighter
20.Puppy love
21.心のスポーツ

JPN

| コメント(0) | トラックバック(0)
JPN.jpg

2年4ヶ月ぶりのアルバムがついに、ついに。いやー待ちました。みんな待ってたよね。Perfumeのメンバーも待っていたことでしょう。その間、いろんな事があり、東京ドームだったり、震災だったり、多くのシングルをリリースし、海外でも活動。
そんな2年4ヶ月の時間が、このアルバムに結実しているわけです。まずは、タイトルですなぁ。JPN。日本そのもの。日本代表。東京ドームという大きな夢を実現させた後、その後の方向性に若干の迷いがあったのかも知れない。しかしながら、マカオ、韓国でのパフォーマンス、そしてハリウッドでの活動を通じて、Perfumeはあらたな夢を「海外進出」に定めたようだ。そして、その名刺代わりのこのアルバムが「JPN」なのだな。一方で、震災を通じて改めてこの日本という国を見直す、という。そういう深読みも出来よう。
前述したようにこのアルバムが出るまでに、シングルが多く出ており、全14曲中既発売曲が9曲。ベスト盤みたいなもんなんでしょう?みたいな気持ちで聴くと、まぁ吃驚するわけだ。静かな和音の積み重ねのインスト曲、「The Opening」を経ると、「レーザー・ビーム」~「GLITTER」のアルバムミックス。メドレーですな。これがもうね、スゴイよ。紅白はこれやったらいいのに。ライブでアルバムミックスやったら、盛り上がるよね。なにげに「不自然なガール」も、少しだけアルバム用に弄ってるし。中田ヤスタカ、さすがです。新曲は、やはり他がシングルが多くて強いので、おとなしめのふんわりとしたイメージ。「時の針」のアコースティックな、ほぼ生歌にはやられます。特にあ~ちゃんの伸びのある、それでいて抑制された声は、やはり素晴らしい。「心のスポーツ」のアイドルポップ路線もウレシイね、これもライブでイケイケになりそう。ま、どれもはやくライブで聴きたい、ダンスを見たい曲ばかりということだ。
総じて今の、23歳の女の子の等身大な想いが詰まった印象。バキバキテクノではなく、柔らかな。今のPerfumeの世界進出への名刺代わりとしては、いいですよ。こういう人たちは、いないでしょ、他に。
初回限定版のDVDも、盛りだくさん。特に「レーザー・ビーム」PVの完全版はウレシイ。「レーザー・ビーム」のPVは、その撮影が3月11日に行われており、震災のため中断。撮影された素材を使用し、ショートVerとして公開された。しかしながら、震災復興への願いも込めて、完全版制作の想いが多くスタッフに伝わり、今回改めて追加撮影された。こういう例は珍しいのでは?
このアルバムを持って、来年はツアー。もちろん、行きますよ。このアルバム曲が、どのような形でステージでパフォーマンスされるのか。ホントに楽しみだ。
714wbnmZfTL.jpg
タイアップ続きのシングル、氷結も「GLITTER」で第3弾、「スパイス」は地上波ドラマの主題歌と、とどまるところ知らない大進撃と言ったところでしょう。
さて、「スパイス」はPerfumeの世界観をさらに広げる一曲だなぁと思います。曲も詩もそう。落ち着きがありながら、ポップで可愛い。ハイティーンではない、かといって大人の女性ではない。そういう身の丈のPerfumeにぴったりと合った曲。すごく好きな曲です。
「GLITTER」は、ダンスコンテストの課題曲でもあり。ノれますな。キラキラしてますよ、タイトルの通り。きっとライブではイケイケになりそうな。そういう気がする。今から来年のツアーが楽しみです。
さて、この後アルバムが来ちゃいます。早く聴きたい!
今日、改めて思った。

キャンディーズとPerfumeの共通点は非常に多い。キャンディーズのファイナルコンサートを納めたDVD「キャンディーズ・フォーエバー」を観て、その思いを強くした。

どことどこが共通、という個別の共通点ではなく、全体的なイメージ、なのだが。やはり似ているなぁ。異論はあるかもしれないが、ラン→あ~ちゃん、ミキ→のっち、スー→かしゆかという単純な置き換えだけではない諸々。

ライブを観ていて思ったのは、自己紹介の仕方とか、観客のあおり方とか。進行が似ている。あぁ、かたや後楽園、そしてかたや東京ドームで、3人で5万人のオーディエンスを前にパフォーマンスしてるのも、同じだ。

P1000011.JPGその立ち位置も独特で、アイドルではないアイドル。だったりするわけで。アイドルの既成概念を壊す存在というか。キャンディーズは生バンドを入れたり、コントやったり、可愛いだけのアイドル概念からの逸脱をはかり、Perfumeは言うまでもなく、アイドルとアーティストの中間点あたりでゆるーい感じでやってたりするとこがあったり。

それと、3人だけでは成り立たない存在。キャンディーズはファンも含めてのキャンディーズ、という言い方をずっとしてきた。Perfumeは中田ヤスタカ、MIKIKOとともに形成されていると言っても過言ではないだろう。

そのふたつを30年の時を超えて結びつけているのが、大里アミューズ会長なのかな。

キャンディーズは残念ながら、もう二度と新たなパフォーマンスを観ることはできないけれど、Perfumeはまだまだこれからが楽しみ。

そんな素晴らしいふたつのグループのファンでいられることを、うれしく思ったりするわけです。



写真2.JPGさて、行ってきました、東京ドーム。 節目の結成10周年、メジャーデビュー5周年のライブ。タイトルは、そんな意味が込められて、国内ライブ開催地としては頂点といえる東京ドームでのワンマンライブ。約5万人の観客を前に、20そこそこの女の子3人がパフォーマンスを披露するわけです。いや、なんか凄いぞ。

 セットリストはいつもとは大幅に変えられていて、純白のウェディングドレスを彷彿とさせる衣装で登場したかと思うと、すぐに早変わりの衣装チェンジで一曲目は「シークレットシークレット」。まぁ、燃えるよね。

鉄板tunesを挟みながら、「575」の初お披露目があったり。生ラップですよ、Perfumeの。衣装チェンジの後の「Perfumeの掟」。しばらくやってなかったのを、復活。彼女たちのダンスパフォーマンスを存分に堪能し。「VOICE」のフルバージョンも初披露かな。いつものPTAのコーナーでは、驚きの「Lovefool」をCM再現そのままにやっちゃいました。これは見ものだったねぇ。「Perfume」では3台のカートに乗った3人が、外周を走りサインボールをスタンドに投げ入れるというパフォーマンス。これホントに手書きだったようで。もらえた方は、超ラッキーです。

で、ちょっといい話が。Twitterに流れてたつぶやきですが、無断引用しちゃおう。
RT@payapayao: サインボールを投げてる時に、あーちゃんが最後の1個を投げずに残しておいて、車椅子の方の席の前に来た時に投げてあげてたのが印象的だった。気配りというか、ちゃんと周りを見てるんだなって感動した。#prfm
うん、さすがはあ~ちゃんだ。

アンコールでは、「ねぇ」の衣装。そこでのっち、かしゆか、あ~ちゃんの想いが話されたわけですが...。あ~ちゃんの、スタッフ、MIKIKO先生、家族、ファンへの謝辞。さらにのっち、かしゆかとともに、この東京ドームのステージに立てて嬉しいという言葉。さすがにかしゆかものっちも泣いてた。あ~ちゃんは言うまでもなく...涙涙。うーん、いつもながら、ストレートに言葉が胸に響くよ、あ~ちゃんの言葉。
「ねぇ」の後、ラストは、「ポリリズム」。意外な選曲だが、自分たちにとっての転機となった曲として、この「ポリリズム」を選んだ気持ちはわかる、わかるよ。曲中にまたあ~ちゃん泣いてたしね。

全20曲、3時間のライブ。本当にあっという間。Perfume史上に残る素晴らしいライブ。常に、"最高を求めて終わりのない旅をする"彼女たち、の次が楽しみだ。

写真.JPG
Shigeru Max Oshiba

バナーを作成

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

COUNTER

    You are
    th visitor.
    (Since 1996.May.20)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちPerfumeカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPDAです。

次のカテゴリはW-ZERO3です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。