轟轟戦隊ボウケンジャー 「Last Task 果て無き冒険魂」

ガジャはガジャドムへと進化して、すっかり化け物に。あの飄々とした感じはすっかりなくなりましたな。ボスキャラはやはりこいつだったかと。今回は最終回だけに、顔出しのシーンが多かったですなぁ。まぁよかったです。最後に敵を倒すのは、“果て無き冒険魂”ってところがテーマを貫いていて良かった。彼らのその気持ちが、ビーグルのエンジンを動かしていましたよと。
で、冒険の後は別れもありと。レッドくんとピンクくんは仲良く宇宙に飛び立つわけです。しかもピンクくんはレッドくんにラブだと。あぁ、そうですか。それを見送るボウケンジャーの新チーフはブラックくん。ホントはレスキューやってるシルバーくんはお手伝いに。そいんな彼らを見てるMr.ボイスの正体は美少女だったと。いう意味はよくわかりませんが。
ボウケンジャー、楽しかったね。レッドがtyたんとチーフをやってるとこがマル。こういう上司にならなきゃなと(笑)。それぞれのキャラクターもきちんと立って、非常に楽しめました。だいたいMAX的に好き嫌いが交互に来るんですよ、戦隊って。ボウケンは大好きでした。一年間お疲れ様でした。