JPN

JPN.jpg

2年4ヶ月ぶりのアルバムがついに、ついに。いやー待ちました。みんな待ってたよね。Perfumeのメンバーも待っていたことでしょう。その間、いろんな事があり、東京ドームだったり、震災だったり、多くのシングルをリリースし、海外でも活動。
そんな2年4ヶ月の時間が、このアルバムに結実しているわけです。まずは、タイトルですなぁ。JPN。日本そのもの。日本代表。東京ドームという大きな夢を実現させた後、その後の方向性に若干の迷いがあったのかも知れない。しかしながら、マカオ、韓国でのパフォーマンス、そしてハリウッドでの活動を通じて、Perfumeはあらたな夢を「海外進出」に定めたようだ。そして、その名刺代わりのこのアルバムが「JPN」なのだな。一方で、震災を通じて改めてこの日本という国を見直す、という。そういう深読みも出来よう。
前述したようにこのアルバムが出るまでに、シングルが多く出ており、全14曲中既発売曲が9曲。ベスト盤みたいなもんなんでしょう?みたいな気持ちで聴くと、まぁ吃驚するわけだ。静かな和音の積み重ねのインスト曲、「The Opening」を経ると、「レーザー・ビーム」~「GLITTER」のアルバムミックス。メドレーですな。これがもうね、スゴイよ。紅白はこれやったらいいのに。ライブでアルバムミックスやったら、盛り上がるよね。なにげに「不自然なガール」も、少しだけアルバム用に弄ってるし。中田ヤスタカ、さすがです。新曲は、やはり他がシングルが多くて強いので、おとなしめのふんわりとしたイメージ。「時の針」のアコースティックな、ほぼ生歌にはやられます。特にあ~ちゃんの伸びのある、それでいて抑制された声は、やはり素晴らしい。「心のスポーツ」のアイドルポップ路線もウレシイね、これもライブでイケイケになりそう。ま、どれもはやくライブで聴きたい、ダンスを見たい曲ばかりということだ。
総じて今の、23歳の女の子の等身大な想いが詰まった印象。バキバキテクノではなく、柔らかな。今のPerfumeの世界進出への名刺代わりとしては、いいですよ。こういう人たちは、いないでしょ、他に。
初回限定版のDVDも、盛りだくさん。特に「レーザー・ビーム」PVの完全版はウレシイ。「レーザー・ビーム」のPVは、その撮影が3月11日に行われており、震災のため中断。撮影された素材を使用し、ショートVerとして公開された。しかしながら、震災復興への願いも込めて、完全版制作の想いが多くスタッフに伝わり、今回改めて追加撮影された。こういう例は珍しいのでは?
このアルバムを持って、来年はツアー。もちろん、行きますよ。このアルバム曲が、どのような形でステージでパフォーマンスされるのか。ホントに楽しみだ。

Perfume

Posted by MAX