iPhone/iPadの最近のブログ記事

peb.jpg
KICK STARTERでの募集であっという間に資金を集めたという、Pebble。E-Paperを採用したスマートウォッチ、iPhoneやAndroidスマホと連携して色々出来るというね、いかにもMAXが好きそうなガジェットでしょ。スマートウォッチは他にも既に製品があるけど、何よりデザインがいいし。というわけで、去年の8月くらいにKICK STARTERの投資に乗っかったわけです。それで、待つこと10ヶ月、ついに届きました!!

以下、自分なりのインプレッションを書き連ねてみます。
10月26日の予約開始日に、iPhoneのAppleStoreアプリからさくっと予約購入したiPad miniですが、発売日の11月2日に、自宅に配達されていました。32GB黒です。

P1040052.JPG
早速先に届いてた風呂蓋ことスマートカバーを取り付け。いやー、小さいですの。そして薄い、軽い。初代iPadに比べると圧倒的に小さい。このところ愛用していたAndroidタブレットのSC-02Dに比べると、大きさはあまり変わらないものの薄さと軽さが全く違う。それに、質感ですね。やはりiPad miniのほうがアルミの質感がよくて、高級感ありますよ。

iPhone5と並べるみるとこんな感じ。

P1040053.JPG
e-mobileのLTEポケットwi-fiとの組み合わせで使うんだけど、場合によってはiPhone5のテザリングも随時利用可能ということで。まぁiPhone5のテザリングを常用しちゃうと、月7GBのau制限に引っかかっちゃうので、そのあたり気にしながらだけどね。スピードもポケットwifiのほうが速いし。

Retina液晶でないというところがネガティブ要素としてあった懸念されたわけだけれど、実際に使ってみるとそんなに気になるほどではないかと。別に普通にWebや電子書籍は読めるし。あと、MAXは日経電子版を契約してるんだけど、これがiPad版だと紙面と同じものが読めるんだよね。ただ、10インチiPadでは重く、たとえば電車の中なんかでは、読みづらい。そこでminiです。もちろん非Retina液晶なので、紙面全体を表示させた場合は、記事本文の文字は潰れます。が、見出しは読めるわけで、気になる記事があったらその見出しをダブルタップすればすぐに拡大されて、本文も読めるようになると。広告も見られるしね。仕事柄ココは重要。いやあ、これが理想的な新聞の電子版の読み方かなーと。スマホ版は紙面とは全く別物だからね。

来年には、ひょっとするとRetina液晶搭載のiPad miniが発表されるかもしれない。現状ではあの大きさ、あの価格で出せなかったんだろうけど、次世代ではいけるかも。しかし、だからといって、そこまで待つのは勿体ない。先行者メリットとして、先にそれを享受しないと。で、次世代が出たら、その時に買い換えるかどうか、考えればいいし。セルラーモデルじゃないから、縛りもないし。

さて、別段Apple好きというほどではないんだけど、気がつくとiOSも4台目。左から、iPhone4、iPhone5、iPad mini、iPad(初代)てな並びです。初代iPadは、ウチナカ端末として、まだまだ活躍してくれそうです。

P1040064.JPG

現在、ほぼ現役で使っている電脳ガジェットを並べてみましたよ。

DSC00627.JPG
右から、ご存じiPad(初代)、次が中華タブレットのAinol NOVO7 Elf。その次がT-01A。そして、iPhone4、一番左がIDEOS。で、上にあるのがWILLCOM D4。なんか、マニアですな、電脳ガジェットの。

まぁ一番使うのがiPhone4。これは日常的に電話としても使ってます。もう手離せないガジェット。

次がAinol NOVO7 Elfかな。ちょっと時間のあるときにTwitterやFacebook見たり。あとは電子書籍を購入して通勤時間の読書ですな。1万数千円でこれだけ楽しめるのは、いい。Android4.0.3のカスタムROMを焼いて、日本語化、Andoroidマーケットも使えるようにしてます。ちょっと液晶表示がおかしくなって修理に出してましたが、無事に戻ってきました。噂の7インチiPadが出る間での繋ぎかな。まぁ出なかったら出なかったで、使い続けるかも。ネットには、イーモバイルのGP02で繋いでます。

iPadはNOVO7 Elfを入手するまでは結構使ってましたが、最近は家でちょっとネットする時くらいしか使いません。だって大きいし重いんだもん、持ち運ぶには。会社のノートパソコンを鞄に入れてると、iPadは厳しいなぁと。いや、ホントに7インチiPadでたらすぐ買いますよ。

IDEOSは、国内ではイーモバイルや日本通信から発売されてましたが、手元にあるのは台湾版。もちろんSIMフリー。ドコモもソフトバンクもイーモバイルも使えます。これにAndroid2.2ベースのカスタムROMを焼いてます。日本語化かつフルマーケット化済み。結構サクサク。しかも超小型。今は日本通信のb-mobile Fairを挿れて運用中。まずますのスピード。もちろんテザリングも可能です。

T-01Aは、docomoのiPhone対抗機でした。当時は。まぁ売れなかったね。薄くて軽くていいスマホだったけど、電池の持ちも悪かったし、Windows Mobileだし。しかし今、有志のおかげでT-01AにWindows Phoneのファームウェアを焼けるようになってまして...。T-01AがWindows Phone 7.5マシンとして生まれ変わりました。うーん、スゴイねぇ。これが結構サクサクと動くのです。まだ3Gが繋がらないのですが、SIMフリー化してB-mobileのSIM挿せば大丈夫になるらしい。まだそこまでは手をつけてませんが、とりあえずWP7.5はちゃんと動いてます。

WILLCOM D4は今となってはもう、WILLCOMとは関係ない小型Windowsサブマシンとしてしか使ってません。小さいですが、Windows7機として普通に動作します。まぁ、遅いけど。メインマシンを64ビット化してるんですが、まれに64ビットだと使えない周辺機器とかあって。そんなときに出してきたりします。まぁほとんど使いませんね。

さて、wifiは、イーモバイルのGP02を常用です。大容量バッテリーをつけているので、連続で10数時間のネット接続が可能。つまり、平日昼間はほぼ電源ONでも大丈夫と言うことです。ちょいとバッテリーが大きいのですが、電源ONして鞄に放り込みっぱなしなので、気にはなりません。IDEOSにb-mobile Fairを挿してるので、こちらでのテザリング運用も可能。Docomoの通信網のほうがイーモバイルよりも使えるケースも多々ありますので。

まぁそんな感じで、電脳ガジェットオタクっぷりが全開です。次は新iPad行きたいですな。それと、LTE対応のwifiルーターも気になるところです。

これねぇ、ネットで紹介されてるのを見て、即オーダーをいれました。ZAGGmateというキーボード。スタイリッシュでカッコイイキーボードです。つうかケースです。いや、ケース兼キーボードですね。

収納時はこんな感じ。アルミが美しい薄型のケースです。あ、iPadの裏側にはレザーのスキンを貼ってます。これもZAGGのレザースキンなんですがね。

IMG_0436.JPG
それで、このケースがですね、キーボードに早変わり。なんですな。こんな感じで。

IMG_0437.JPG接続はBluetooth。キータッチもそこそこ本格的で、通常の入力には全く問題なし。エンターキーとdeleteキーの位置が最初ちょっと気になったけど、慣れれば大丈夫でした。さらに、iPad専用のファンクションキーもあり、ホームボタンやスリープもキーボードから操作できますね。
こうやってみると、ほとんどAirMacみたいな。これで99ドルはお買い得じゃないの。オーダーしてから5日ほどで届いたし。

スタイリッシュかつ最強の入力環境がiPadに備わりました。PCいらずです。家じゃほとんどPCの電源入れないモンナァ、最近。

iPadの通信用として、IDEOSを入手。 日本では日本通信とイーモバイルから発売されてますが、ここは敢えて香港版をゲットしました。香港版+イタリアファームで最強です。もちろんSIMフリー。イーモバイルのデータ用赤SIMを刺して運用しています。通話はしないので、これで問題なし。

これまでもPocketWifiのSIMフリー版を使ってましたが、Android端末がちょいと欲しくなりまして、お手頃なIDEOSの海外版を購入したというわけ。

IMG_0435.JPGで、これに大容量バッテリーを導入。Pocket wi-fiとして使うには、やはりバッテリーに不安感があるからねぇ、このままでは。連続で数時間しかもたない。でもこの大容量バッテリーだと標準の3.2倍の容量ということで、つけっぱなしで優に一日持ちますな。iPhoneのサブとしても使えるので、一石二鳥的な。厚みは随分増しますが、どうせカバンに入れっぱなしなのでね、これも問題なし。

iPadの活用がさらに広がるかな。
Shigeru Max Oshiba

バナーを作成

アーカイブ

Powered by Movable Type 5.02

COUNTER

    You are
    th visitor.
    (Since 1996.May.20)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちiPhone/iPadカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはmoblogです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。