ウルトラマンネクサス 「Episode 09 警告 - ワーニング -」

まー、作戦遂行を人命よりも優先したり、事件に関わった人間の記憶を消しちゃったりと、理解不能の出来事が続く孤門君、なんだかちょっとストレスが溜まっているのかな?クロムチェスターの合体シミュレーション中もぼけーっとして、さらに失敗重ねちゃって。心の支えは付き合って半年のリコちゃんなのですな。彼女がいるから生きていけると。そういや孤門には親兄弟とかいないんだろうか?リコちゃん以外に頼る者がないの?
そんなリコちゃんとまたデートなのですな。寂しいとき、落ち込んだときは、やはり恋人と会うことが一番です、はいはい、そうですかと。でも今回は一歩踏み込んだ展開になりそうな予感。家族に会っていって欲しいって、これはもう家族公認。前に孤門がリコちゃんに頼んだ通りの展開となるわけで、これは孤門君もそれじゃぁって展開。家にあがって、お父さんに挨拶して、ビールなんか勧められちゃって、孤門君もイケル口なんだろ、ささまぁ一杯…なんて想像を一瞬のうちにしたのかどうかはわかりませんが(笑)。
ところがそこにスクランブル命令。例によってビースト出現。凪ふくたいちょにゲキ飛ばされます。せっかくのお誘いを断る孤門。ところが去って行くリコちゃんの頭上に黒い影!空から落ちてくるアルミサッシ。うーん、これは一体?リコちゃん狙われている?でも前回のラストでリコちゃんは何者かに操られているような様子だった。今回も孤門との初めての出会いの思い出に対しての反応が少し変だったようだし、唐突に家によって行けというのも?何やら不自然である。孤門に怪しげな警告のメッセージを送ってきたヤツ、一体何者か。なぜ、孤門を狙うんだろうね。やはりデュナミストなのかな、彼も。
さて、姫矢は一足先にビースト出現現場に。そこにまたしても現れるダークファウスト。姫矢をおびき出すために、ビーストを操って出現させているのだろうか。とにかく、またもビースト、ファウストのタッグ対ネクサスの戦い。
メタフィールド内に消えたネクサスとファウストを追うため、クロムチェスターの合体を試みるNR。しかもそのオペレーションは孤門に託された。ところがメタフィールド内で放ったネクサスの光線が、こちら側に突き抜けて危うくクロムチェスターに当たりそうに。これを避けようとし、合体シークエンスは中断、凪と孤門は危ういところをギリギリで逃れる。メタフィールド内のネクサスの戦いとこちら側のNRの作戦が、こういうカタチで絡んでいるのは、なかなかに面白い展開ですな。
さて、不時着したクロムチェスター。失神から目覚める孤門。パイロット席に凪の姿がない!探しに外に出る孤門。しかし、彼が見つけたのは凪ではなく…リコちゃん?何故、こんなところに?…。