ウルトラマンネクサス 「Episode 08 M・P - メモリーポリス -」

先週窮地に陥ったネクサス。ファウストの圧倒的な優勢かと思われたけど、起死回生の逆転で攻守交替。ファウストの期待を裏切ることなく、反撃に転じる。捨て台詞を残して去って行くファウスト。しかし、ネクサスもだいぶ消耗しましたな。つうか、あの劣勢からの逆転ってどうなんでしょ。なにか、ブーストする要素があったのか、バーサーカーモードどか?で、息絶え絶えという様子の姫矢、またもストーンフリューゲルを呼び出して、ヨガの眠りに(違)。
先週窮地に陥った孤門。女の子と子犬を守ろうとは思ってんだろうけど、目の前に迫るバグバズンに手も足も出ないとは…。ウルトラ史上最もダメな防衛チーム隊員かもしれん。主役なのに。その絶体絶命から救いだしてくれたのが、凪副隊長ですな。そんなこんなでなんとか廃工場から脱出。他のNRのメンバーとも連携して、ついにバグバズンを倒すと。あれ、やられちゃうの、バグバズン、NRに。ネクサスってまだペドレオンしか倒してないですぜ。8話まできて、まだ怪獣は3体。倒した怪獣は1体。なのにライバルとか出てきて大変なことになっております。
さて、今回は先週の事件発生篇に対しての解決篇という感じです。諸々片付きました。孤門が救った少女はちゃんと記憶を消されて幸せになったし、凪と孤門の処分もお預けになったみたいだし。でもね、確かに事件に関わった人物に勝手に接触するのは良くないわ。そういうことをやってるということも、上が伝えておかなきゃと思うんだけどね。NRはただ命令を忠実に遂行すべき、ということか。
さて、リコちゃんを狙う謎の影。なんかやばいことが起こる気配。って思わせぶりにまた次週に続く…。