仮面ライダーファイズ 「第21話」

琢磨ファイズに襲われて絶体絶命の巧なれど、なんとか勇治とともに窮地を脱することが出来て。このふたりとも、よくオルフェノクに襲われるし、そのたびに逃げ延びてるし。そろそろなんかおかしいと気づけよ、お互いのこと。
ま、そんな逃げ延びた巧なれど、やはりファイズのベルトを奪われたことはショックだったようで。草加の携帯の留守録にそのことを入れてたりとかするわけですな。一方の草加はそのメッセージを聞いて…心境は?ライバルのピンチにどう行動するのかなーなんて気になるところではあります。
さて、九死に一生をえた巧と勇治。そんなふたりも翌日にはまたピザ屋で代理アルバイトせにゃいかんとは。午前中の巧の勤務態度の悪さに比べて、午後の勇治の働きぶりにピザ屋のオヤジも感心するのだよ。しかし、このピザ屋、もうひとりくらいバイト入れたほうがいいなと。まー、そんなピザ屋のオヤジ、実はオルフェノクなのだよねー。ザリガニ嬢から届くシャンパン。これが届けられたということは、次はあなたがターゲットなのだよと。どうやら勇治の順番は飛ばされてしまったようで。手ごわかったから、楽なところから行こうと、そんな感じですかね。
まー、自分でも態度の悪さに反省したのか、ふらっとピザ屋にやってきて店を手伝う巧。巧に店を任せて配達に出るオヤジ。だがオヤジにザリガニ嬢の魔手が伸びるのね。ついに襲われてしまうオヤジなんだけど、そこにまた偶然にも配達の途中で通りかかった勇治である。いやー、ホントに偶然が多いね。この人たちの住んでる町内って、しょっちゅうオルフェノクが出現してるじゃないのさ。しかもそこに巧がまたも通りかかるんだけど、あれ、店はどうなってるんだ?ま、いいか、ピザ屋のオヤジを助ける巧と勇治。で、ここで初めて二人が同じ店でバイトしてることがわかると。午前中のバイトって君か…。なるほど、巧なら合点が行くわな。
さて、巧と勇治がまたもオルフェノクに襲われる。今度はロブスターとスコーピオン。そりゃまぁ、互いに変身して戦えばいいんだけど、このふたり、それぞれがオルフェノクでありファイズでありということを知らないわけで。巧はベルトを取られちゃったし、勇治は相手さえ見てなきゃ変化して戦えるのに…っていう困ったシチュエーションが面白いですな。
さて、その頃草加の前に現れたのは琢磨君である。ファイズのベルトを手に入れて調子に乗る彼は、カイザのベルトも取ろうとやって来たわけだ。そして変身する草加と琢磨。カイザとファイズの戦いが始まる。
一方のピザ屋のオヤジ、自分が殺されるとおいしいピザが作れなくなっちゃうと、あっさりとドルフィンオルフェノクに変化。巧と勇治を襲うのだが…やはり人間の心をもつオヤジ、攻撃できないのよね、可哀想にねぇ、なんとも。ロブスター、スコーピオンとの追いかけっこの末、隙を突いてホースに変化する勇治。でもねー、やっぱラッキー・クローバーは強いねぇ。あっという間に倒されちゃったりして。次の標的は当然巧。ロブスター、スコーピオンさらにはドルフィンもいるしね。これまた絶体絶命の巧である。さーどーする。
というときに駆けつけるのは、カイザである。いやーーー、かっこいいね、今回のカイザ。ファイズのベルトはしばらく巧が持っていたほうがいいと、彼に渡す。これも何か裏がありそうな言い草なんだが。とにかく、琢磨を倒してファイズのベルトを取り戻したんだな。このへん、あえて描かないのがにくい演出である。確かに、過去の戦いを見ても、ファイズよりもカイザのほうがスーツの性能が上のようだし。
早速ファイズに変身する巧。しかし今回の敵はめちゃ手ごわい。そこでカイザが投げてよこしたもの。それは、ファイズの性能を一時的にアップさせるというギア。ついにファイズ・アクセル・フォーム発動である。ファイズ、初のパワーアップですな。このアクセル・フォーム、オーバー・ドライブというか、クロック・アップというか。無理くりにパワーアップさせてる風でいい感じである。とにかく、これでスコーピオンやっつけて、ロブスターを退けて、でドルフィンには手加減して。
で、意気揚揚と引き上げるファイズ。それを見た勇治は、ホースに変化して戦いを挑む。あら、またいいところで次回也。