仮面ライダーキバ 第47話「ブレイク・ザ・チェーン・我に従え!」

ついにラス前。それぞれのキャララクターの物語が収斂に向かっていく。
音也は真夜の手の中で息を引き取り。
現在では、渡と大牙の戦いに、いったんの決着。大牙は敗れ、社長の座も追われ、最後の望み、母親である真夜のところへ慰撫を求めるが、闇のキバを与えられず、逆にその命を奪ってしまう。結果的にはダークキバを手に入れたが。
名護は視力の落ちた身体で戦い続ける。実は生きていた嶋にそのことを指摘されながらも、恵との二人三脚で戦おうとする。
ビショップはキングの座を大牙から奪わんと、ファンガイアを再生し続け、ついにはバットファンガイア=元キングを復活させんとする。
そして、渡は自らファンガイアのキングの座につくことを宣言。キャッスルドランで、3匹の僕を眼力だけで跪かせ、玉座に座るのであった。
な、わけでいよいよ次回で最終回。このラス前、いい感じでそれぞれのストーリーが絡まってきて、それぞれにクライマックスを迎えようとしてますなぁ。井上脚本としては出色のまとめ方だと感じているのはMAXだけではないと思うのだが。
なんにせよ、次回最終回が非常に楽しみ。