仮面ライダーカブト 「第42話」

実は加々美父って本当はいい人じゃないの、息子思いの。ネイティブを生かすために、カッシスワームとの取引にも応じたりして。その実、息子に事態の収拾を託してたりして。本田博太郎の開演に騙されてたぜってな。
こういう父親や、実はネイティブだったけど部下思いの田所なんていう人達に、裏切られた感を持って悩んじゃう加々美だったりするわけです。いやいや、こいつ頭わりぃ。クワガタ頭だし。そこがまた、いいのか。
そんな加々美に、そして暗闇兄弟に入りかけた傷心の剣に、適切なアドバイスをしちゃう天道って一体…。さすがは、天の道を行く男だけのことはありますな。時間を止めるというカッシスワームの禁じ手も、あっさりと見切っちゃうんだもんなぁ。さすがです。
で、倒したと思ったカッシスワーム、ま、簡単にはやられません。しかも、擬態の天道まで呼んじゃって。大詰めだったりするわけで。