仮面ライダーキバ 第38話「魔王・母と子の再会」

前回、渡、大牙、深央が互いに正体を知ってしまったわけですが…今度は大牙と渡の母親が真夜であることも明らかになっちゃいます。渡は自分がファンガイアとのハイブリッドであることもショックでしょね。しかし、なんか大河ドラマな展開ですなぁ。ファンガイアのキングの血を受け継ぐ兄弟、なんてね。おもしろくなってきたよ、ホントに。過去と現在がどんどん繋がりってきて、目が離せませんて。
キバとサガのダブルライダーっぷりも、今回はサービスサービス。こういう手があったと。ファンガイアも一枚岩じゃなく、キングに逆らうものもいるんですな。つまり、世襲制ではなく、ということらしい。クイーンもそうだしね、誰がキングやクイーンを決めているのか知らないけどさ。と、人間体は年を取らないのか?それとも人間よりもゆっくりと年を取るのか?よーわからん。
とか、細かい突っ込みはナシにして、ドラマの流れに身を任しちゃった方が吉。
さて、ウルフェンとダークキバの戦いも気になるが、名護がどこに行こうとしているのか、そちらの方がずっと気になる毎日です…。